北海道で車の出張査定をお願いしたい

首都圏と同様の傾向がある北海道

北海道は国土の約22%を占める日本最大の都道府県です。自家用乗用車の保有台数は2,746,600台(平成26年3月現在)となっており、全国5位です。

その一方、一世帯当たりの自家用乗用車台数は全国で41位の1.007台。 このことから、北海道全体としては保有台数が多いものの、一世帯当たりの保有台数は少ないという首都圏と同様の傾向にあります。

また、北海道の中古車登録台数は普通乗用車と小型乗用車を合わせると23,955台(平成27年月現在)で、中古車台数も首都圏と同様の全国トップレベル。

国土一の広さがあるにも関わらず、自家用乗用車に関しては人口が密集している首都圏と同様の傾向にあるのが特徴です。 北海道では、札幌市・函館市・旭川市などの都心エリアは交通手段が発達しています。

しかし都心から離れれば、車は必須の移動手段というエリアも少なくありません。 また、首都圏と同様に全国でもトップクラスの保有台数であるため、中古車の買取価格競争が考えられます。

北海道で人気の中古車ランキング

アルファード

トヨタから販売されているアルファードは、豪華さと存在感を備えた大型LLクラスのミニバン型高級乗用車です。 2002年にハイエース派生車種として登場し、2008年にはアルファードGの後継車として2代目が登場。

木目と革を使用した豪華な内装や、リモコンで開閉できるパワースライドドアなどの快適装備が完備されています。 3列ある後部座席は、ゆったりとした広さがあり快適。ファミリーからアウトドア派まで、幅広い層に人気がある車種です。

ジムニー

スズキから販売されているジムニーは、1970年の誕生以来、軽量ボディを活かした本格オフロードSUVとして人気がある軽自動車です。 車体が小さく小回りもきく上、高い車高で視界もよく、運転しやすいのが特徴。

軽自動車でありながら、ぬかるみや雪道などの悪路でも力強い走りを発揮するのが魅力です。 内装・外装ともにシンプルなデザインで、価格も手軽なため、年齢や性別にかかわらず人気があります。

ワゴンR

スズキから販売されているワゴンRは、背の高い軽自動車の先駆けとして1993年に誕生。 その後、居住性・積載性・収納の使い勝手・燃費性能・コスパなどあらゆる面でバランスがとれた車種として高い人気を誇っています。

その中でも、人気の秘密は室内の広さ。コンパクトな軽自動車とは思えない快適な空間で、体の大きな方でも窮屈さは感じないでしょう。 また、リヤシートのバックレストを倒すと連動して座面も低くなり、広くてフラットな荷室にもなるのも魅力です。

北海道で車の出張査定をするには

各買取業者に出張査定をお願いする前に、まずは車買取サイトなどを利用して、売りたい車の相場を知る必要があります。 その後は、適切な買取価格を査定できる比較サイトを利用しましょう。

これは複数の買取業者がはじき出す査定価格を一括で比較できるもの。 なぜこのようなサイトの利用をおすすめするかというと、買取業者によって得意な車種や強いエリアが異なる上、業者自体がほしい車種も異なるからです。

このサービスを利用すれば、買取業者別の価格が一目瞭然。手間を省いて、査定価格が高い業者を簡単に見つけることができます。 比較をより正確にするために、複数の比較サイトを利用してみましょう。

より高く買取してくれる業者が見つかった後は、上位価格をはじき出した複数の買取業者に出張査定をお願いします。 そして査定価格が出揃ったら、サイトで確認した価格を含めて比較。より高く買取してくれる業者が見つかるはずです。

その際、比較サイトの査定は匿名にするのがポイント。 そうすれば、比較サイトの査定価格と地元の営業所の出張査定価格を比較することができます。 闇雲に地元の買取業者に出張査定をお願いすると手間と時間がかかるばかり。まずは北海道で買取価格のいい業者を見つけてから、出張査定をお願いすることをお勧めします。