群馬県で愛車を高額査定してくれる店を探すには

群馬県で生活するにはクルマが不可欠?

群馬県の自家用乗用車の保有台数は、1,336,743台(平成26年3月現在)で、全国第15位ですが、運転免許保有者数は多く、2010年には1,402,524人で全国トップになっています。

群馬県は走り屋ブームの火付け役となった、漫画「頭文字D」の舞台としても知られています。 赤城や碓氷をはじめとする峠道や林道が多いせいか、はたまた運転好きの県民性なのか、全国的にみても自動車普及率は高いですが、逆にバイクやスクーターの普及率は低いようです。

ただし公共個通に関しては、自家用車が普及しすぎたおかげで、年々バスの利用者が減り、バス会社が撤退したりして路線バスのインフラ整備はあまり芳しくないようです。 クルマの保有率が高い事もあり、郊外型の大型チェーン店も多く出店していますが、逆に言えば群馬県はクルマを持っていないとやや不便な土地柄といえるようです。

群馬県で人気の中古車ランキング

群馬県の中古車市場で人気の高い、3つの車種を紹介します。

ジムニー

軽自動車でありながら、本格的オフロードSUVとしての地位を確固たるものとしたジムニー。 初代のFJ10型の誕生は、なんと1970年です。 ミニチュア版ジーブというようなスタイルに、360ccの2ストロークエンジンが積まれていました。

ほとんどモデルチェンジをしないことでも有名で、2代目が誕生したのは1981年。 現行の3代目になったのは1998年ですから、もう15年もフルモデルチェンジしていないことになります。

3代目ではソフトトップが廃止され、外観もインテリアもより乗用車的にシフトしています。 買取価格は、たとえ現行型でも十年以上前の初期モデルなら数万円程度。 3年落ちで走行距離の少ないものであれば100万円を超えることもあります。

フィット

フィットの誕生は2001年。 お世辞にも人気車種とはいえなかったロゴの後継車として発売されると、爆発的なヒットを記録し、シビックに変わる大衆車のエースとして君臨しました。

燃料タンクを車体中央に配した「グローバルスモールプラットフォーム」と称するレイアウトによって、クラス最大の室内空間を実現し、ライバル車たちに多大な影響を与えました。 2007年に誕生した2代目モデルは、キープコンセプトでありながら内外装に上質感をプラス。

また、2010年にはハイブリッドモデルもリリースされています。 フィットは非常に売れた車種で市場にも多く出回っており、人気車にしてはやや買取価格は渋めです。 初代モデルは走行距離が多い場合、ほとんど値が付きませんし、2013年に3代目が発売された関係で、2代目も値崩れが始まっています。 5年落ち以内で50万円前後が目安となるようです。

スバル レガシィツーリングワゴン

抜群の耐久性をウリに誕生した初代レガシィ。 その名をさらに知らしめたのは2代目のレガシィツーリングワゴンの大ヒットでした。それ以来、ステーションワゴンの代名詞として、いまだに高い人気を維持しています。

駆動方式は全車4WDで、エンジンはスバル伝統の水平対向ボクサーエンジン。 オフロードでも余裕でこなす走破性と、ワゴンとしての機能性や居住性をあわせ持つ、レガシィツーリングワゴンは、スポーツドライビングにもファミリーユースにもピッタリのレジャービークルだといえるでしょう。

ミニバン全盛の今でも根強い支持のあるレガシィツーリングワゴンだけに、買取価格も高く、現行型なら5年落ちでも150万円以上が期待できます。

群馬県で愛車を高額査定してもらう方法は?

群馬県の男性は昔気質で、多少荒っぽいくらいのほうが良しとされる傾向があります。 いわゆる「ヤンキー」が多かったことからもよく分かります。

見栄っ張りでお金の使い方も豪快なので、つい損をしてしまうこともあるかも。 しかし、この不況の時代、締めるところは締めないと生き残れません。 愛車を手放す時は、少しでも高い査定をしてくれる店を探しましょう。

もし、お金の交渉が苦手な人なら、インターネットの一括査定を利用するほうが良いかも知れません。 あなたの仕事は、ただ愛車の情報を入力するだけ。 簡単に一番高い査定額を付けた店が分かりますよ。