ランキング

簡単にまとめると

  • 自分が重視する項目で業者ランキングを見るべき
  • 業者の総合評価が高い=買取額が高いわけではない
  • 高額買取を目指すには比較することも重要

ほかのメーカーのクルマに乗りたい、下取りよりも高く愛車を売りたいという方の中には、中古車販売店や買取専門店といった買取サービスを利用したことのある方も多いと思います。

しかし、車買取に限ったことではありませんが、数ある買取店の中には悪質な業者も存在します。

筆者も過去に買取サービスを利用したことがありますが、申し込んでから電話を何度も鳴らされたり、担当者の対応が悪かったりして、不快な思いをしました。

同じ目にあわないためにも、利用する予定の買取店の評価を事前に調べておくことをおすすめします。また、1つの情報源に偏って評価を見てしまうと、データにだまされてしまう危険性があるため、複数の情報源を活用することが重要です。

今回の記事では、トラブルに巻き込まれることなく、クルマを高く買取ってもらうための情報を紹介すると同時に、あなたがどんな車買取業者を選ぶべきか分かるような内容をお話していきます。

安心して車買取サービスを利用できるようになっていますので、ぜひご覧ください。

目次

「価格」「接客」「総合」評価から見た業者ランキング

この章では、車買取業者の評価を「価格」「接客」「総合」3つの分野に分けて、ランキング形式にてご紹介するとともに、それぞれの業者の特徴も合わせてお伝えします。

  1. 価格の評価ランキング
  2. 接客評価ランキング
  3. 総合評価ランキング

評価の対象となるのは、以下の11業者です。

  • アップル
  • オートスピリット
  • オートベル
  • カーセブン
  • カーチス
  • ガリバー
  • ジーアフター
  • シーボーイ
  • ジャック
  • ネクステージ
  • ビッグモーター

評価については、下記情報を参考にしています。

  • 矢野経済研究所調べ(2017年年間買取取引台数)
  • 車選び.com
  • オリコン査定評価
  • ナビクル価格評価

それでは、下記で詳しく見ていきます。

(1)価格の評価ランキング

まずは、価格の評価ランキングです。こちらは、主に査定額に対する満足度の高さが評価の対象になっています。

  2017年年間買取取引台数 車選び.com価格評価 オリコン査定評価 当HP 価格評価(ナビクル)
ガリバー 181,675台 11位 8位 8位
アップル 62,000台 8位 3位 11位
カーセブン 55,000台 10位 1位 8位
カーチス 34,693台 9位 4位 5位
オートスピリット - - - 5位
オートベル - - - 2位
ジーアフター - - - 2位
シーボーイ - 1位 - 1位
ジャック - 2位 - 5位
ネクステージ - - - 2位
ビッグモーター - 11位 5位 8位

価格の面では、価格.comとナビクルの価格評価で1位を獲得しているシーボーイの評価が高いことがわかります。

オリコン査定評価においては、カーセブンが1位を獲得しています。

(2)接客の評価ランキング

担当者の対応の良さを基準にした「接客」における各社の評価ランキングです。

  2017年年間買取取引台数 車選び.com接客評価 オリコン接客力評価 当HP 査定時の対応評価(ナビクル)
ガリバー 181,675台 11位 8位 9位
アップル 62,000台 8位 2位 7位
カーセブン 55,000台 7位 1位 3位
カーチス 34,693台 8位 4位 7位
オートスピリット - - - 3位
オートベル - - - 2位
ジーアフター - - - 9位
シーボーイ - 4位 - 1位
ジャック - 5位 - 3位
ネクステージ - - - 3位
ビッグモーター - 12位 7位 9位

接客の評価ランキングでは、シーボーイとカーセブンが1位を獲得しているほか、アップルとオートベルが2位を獲得しています。

(3)総合評価ランキング

最後に、総合評価ランキングです。

総合評価は、これまでランキングでご紹介した価格、接客以外にも、対応スピード、雰囲気、アフターサービスといった各社独自の項目も含まれています。

  2017年年間買取取引台数 車選び.com総合評価 オリコン査定顧客満足度評価 当HP 総合評価(ナビクル)
ガリバー 181,675台 3位 8位 8位
アップル 62,000台 1位 1位 8位
カーセブン 55,000台 2位 2位 4位
カーチス 34,693台 4位 4位 4位
オートスピリット - - - 4位
オートベル - - - 2位
ジーアフター - - - 8位
シーボーイ - 5位 - 1位
ジャック - 7位 - 4位
ネクステージ - - - 2位
ビッグモーター - 6位 5位 8位

総合ランキングでは、アップルが車選び.comとオリコンの2つで1位を獲得しているほか、シーボーイがナビクルで1位を獲得しています。

これまで見てきたランキング表の全てに共通していましたが、買取取引台数が多い=ユーザー評価が高いとはいえないことがわかりました。

大手車買取11業者の強みと特徴を解説

それでは、ランキング形式でご紹介してきた11の業者の特徴をご紹介します。

アップル

全国に236の加盟店をもつアップルは、豊富な販売網をもっていることが特徴です。

自社販売、海外へ輸出できる独自ルート、最高値オークションといった、さまざまな販売網があるため、最も高額で取引できる方法を選ぶことができます。

すぐに販売できるルートを選んでいるので、在庫の管理費用や人件費といった余計なコストがかからないことも、アップルが高く買取るための工夫です。

アップルは販売網が多いので、幅広いクルマの買取りに向いています。

オートスピリット

神奈川県を中心に店舗を展開しているオートスピリットは、幅広い事業を手がけている点が大きな特徴です。

クルマの買取以外では、中古車販売、カーディーラー、中古車の輸出、レンタカーなどを運営しています。そのため、買い取ったクルマは販売、輸出、オークションだけではなく、自社のレンタカーとして採用できるので、高値で買い取ることができます。

輸出やレンタカーでの利用を得意とするオートスピリットは、低年式車の買取に向いています。

オートベル

静岡を中心に17店舗をもつ創業33年のオートベルですが、クルマの価値を自社で高めていることが大きな特徴です。

クルマの見た目や美しさも価格に反映されるオークションにおいて、より高く取引されるように自社でクルマをキレイに仕上げます。また、全国のオークション会場と契約しているため、一番高く売れる場所へ迅速に出品することで、コストを削減しつつ高い利益を得ています。

自社の努力や豊富な販売網があるオートベルは、低年式車の買取に向いています。

カーセブン

全国に120の店舗をもつカーセブンの特徴は、オークションではなく自社で販売していることです。

自社で販売しているため、流通させるための輸送費、人材を使った人件費、手数料といったオークションに必要な経費を削減しています。その削減した経費の分を、ユーザーに還元しています。

またカーセブン独自の「クルマお探し代行」などのサービスによって、ユーザーのニーズに応えた車両を探しているため、車種によっては相場より高く買い取ってもらえることもあるでしょう。

代行サービスを提供するカーセブンは、需要の高い人気車種の買取りに向いています。

カーチス

全国に57店舗を展開しているカーチスは、独自の「プライシングセンター」で中古車に関する情報を管理している点が特徴です。

プライシングセンターとは、全国の在庫状況や相場価格、オークションのニーズ車両情報などを、リアルタイムで管理している場所のことです。価格管理専門スタッフの値指しによって地域での価格差をなくして、買取時点での最高額を提示できるようなシステムを築いています。

直接買取・直接販売によって中間マージンが発生しないので、利益をユーザーに還元しています。

地域の価格差がないカーチスは、買取店が少ない地域での買取に向いています。

ガリバー

全国に550店舗をもつガリバーは、直接販売、オークション、海外店舗など、ネットワークの規模を活かした買取りのほか、独自のサービス「プラス査定」を行っている点が特徴です。

プラス査定とは、オプションや社外品の買取額を上げるという査定手段のことです。ディーラーの下取りではマイナスになってしまうことの多いドレスアップ、オプション、アクセサリーですが、ガリバーではこれらの装備があれば、査定額を上げています。

ガリバーは、カスタム車、低年式車、不動車などの値段がつきにくい車両の買取に向いています。

ジーアフター

千葉県を中心に9店舗を展開しているジーアフターは、国産・輸入全メーカー、さまざまな状態の車両の買取りに対応しているほか、担当者のスピーディーな査定や対応が特徴です。

ジーアフターは、その場で30分以内に行う査定や速やかな入金、明確な価格などによって千葉県トップクラスとなる年間約5,000台の買取実績をもっています。

買い取った車両は自社販売しているのですが、船橋市にある店舗では輸入車を専門に扱っています。

ジーアフターは、査定額が低くながちな輸入車の買取に向いています。

シーボーイ

中国・四国・近畿地方を中心に31店舗を展開するシーボーイの特徴は、海外への輸出ルートをもっているほか、リサイクル部門にも力を入れていることです。

国内では価値がなくなった車両は、高い需要があって高額で取引される海外へと輸出されます。事故車や故障車といった廃車寸前の車両は、四国で自社運営しているリサイクル会社に送られ、リサイクルパーツとして再利用されます。

シーボーイは、不動車や故障車、不人気車などの買取に向いています。

ジャック

近畿圏を中心に10店舗を展開するジャックは、自社による直接販売のほか地域密着型ならではのきめ細かいサービスが大きな特徴です。

ジャックを運営する株式会社ナックは、「朝日オートセンター」という約1,000台の在庫をもつ大型中古車店も運営しています。これにより、オークションに必要な経費を削減できるため、高く買取ることが可能です。

決して規模は大きくありませんが、オリコン調査による近畿地方での評価はトップクラスで、中でも対応の良さや早さには定評があります。

直接販売がメインのジャックは、高年式車や低走行車、人気車の買取りに向いています。

ネクステージ

愛知県を中心に全国に店舗を展開しているネクステージは、買い取った車両を自社の専門店で販売している点が特徴です。

ネクステージは全国に中古車販売店を運営しているのですが、ミニバン専門店、軽自動車専門店、SUV専門店、セダン・スポーツ専門店など、多種多様な専門店も多く含まれています。

一般店よりもニーズが集中する専門店の方が高く買い取ってくれる傾向にあるため、マニアックな車種、カスタムを施した車両の買取に向いています。

ビッグモーター

ビッグモーターは、西日本を中心に全国296店舗を展開している中古車販売店で、「ワンストップショッピング型」の店舗をもっていることが大きな特徴です。

ワンストップショッピング型とは、販売、買取、車検、修理、板金塗装、損害保険、リースといったクルマに関わること全てを自社で対応することです。

徹底したコスト削減に加えて、大きなネットワークによる販売力の高さがあるため、高く買い取ることができます。

外注よりもコストをおさえられるビッグモーターは、状態の良くない車両の買取に向いています。

ここまでは、車買取業者の評価やランキング、各社の特徴などをご紹介していきました。ここからは、どのようにして買取業者を決めるのかをお話していきます。

買取額の評価だけで買取店を選ぶと失敗する

買取店を選ぶ基準としては、あなたが重視する項目の評価の高さを見ることです。その項目の評価が高ければ、失敗する可能性は低くなります。

つまり、以下のような決め方をすることがおすすめです。

  • 気持ちの良い接客を希望していて不快な思いはしたくない:接客評価が高いところ
  • 接客よりも査定額の高さを重視したい:価格評価が高いところ
  • 接客、価格、スピードなどのバランスを重視したい:総合評価が高いところ

価格を重視している場合、高値で買い取ってもらえれば接客対応が悪くても、短い間だけの付き合いだからと納得できる方も多いでしょう。

価格を重視しているのに、逆に安く買い叩かれてしまえば、いくら接客態度が良くても納得いかない方は多いはずです。

極端な例でしたが、あなたが重視することが満たされれば、他の不満は出にくい傾向にあるのです。

では、評価についてはどの様に見ていけばよいかを確認していきましょう。

「総合評価が良い=金額が高い」わけではない

総合評価が良い=金額が高いと考える方もいるかもしれませんが、これは違います。

一口に評価といっても、価格や接客以外に「電話・メール対応」「対応スピード」「雰囲気」といったさまざまな軸があり、これらをまとめた「総合評価」と「買取額」は同じではありません。

ただし、矛盾するようですが評価が高い買取店は買取額も高い傾向にあることは事実です。

総合評価で1位にランクインしていたシーボーイやアップルは、価格ランキングでも上位(それぞれの最高位はシーボーイが1位、アップルが3位)となっています。

総合評価は全てを統合した結果なので、価格の評価が低ければ全体の評価も下がってしまうからです。

総合評価が高ければ価格評価も高い傾向にあるものの、価格の評価に特化した業者には及ばないことが多いといえます。

次は、金額を高くするためのコツを伝授していきたいと思います。

評価の高い業者を比較することが高額買取の近道

「とにかく買取額を高くしたい!」ということであれば、評価の高い業者同士で比較することが重要です。要は、査定額を競い合ってもらうことで効率よく金額を上げられます。

一口に買取業者といっても数は多く買取が得意な車種や条件なども異なるうえ、サービス内容も多種多様です。条件によっては価格が変わってくることもあります。

では、具体的にどうやって業者間で競い合ってもらうのかというと、1つ1つの業者と連絡して査定額を聞いていき、一番高いところに決めることです。

ただし、1つ1つの業者とやり取りすることは大変です。時間や電話代も必要になりますし、持ち込みになれば燃料代まで発生します。

面倒な方法を避けたいという方は、一括査定サービスを利用するのもひとつの手です。一括査定であれば、ネットから24時間手軽に申し込みできるので、余計な手間や費用がかかりません。

まとめ

いかがでしたか。

今回の記事では、トラブルに巻き込まれることなく、クルマを高く買取ってもらうための情報を紹介すると同時に、あなたがどんな車買取業者を選ぶべきか分かるような内容をお話してきました。

買取店選びにおいて失敗しないようにするためには、信頼できる複数の情報を見て比較することです。そして、あなたが希望する条件の評価が高く、あなたの愛車の買取を得意としているところを選び、競合してもらうことです。

手軽に業者同士で競い合ってもらいたいのであれば、一括査定サービスを利用してみてください。

思い出の詰まった大切な愛車を、少しでも高く買い取ってもらえることを願っています。