検討している女性

簡単にまとめると

  • 車下取りは手間が少ないけれど買取額が低い傾向
  • 車買取は手間が掛かるけれど買取額が高い傾向

自動車の入れ替えを考えている人は今乗っている車を「下取り」に出すことを考えているかもしれません。しかし今乗っている車の売却方法としては「下取り」以外に「中古車買取店」への持ち込みがあります。

「下取りと中古車買取店への持ち込みではどちらが高く買い取ってくれるのだろう?」と考える人もいるのではないでしょうか。

実は少しでも高く売りたい人は「買取」がおすすめです。状態の良い車の場合、「買取」の方が高く買い取ってくれる可能性が高いからです。

もちろん「下取り」にもメリットがあります。状態の良くない車も「下取り」価格を付けてくれることがありますし、何より「下取り」は手早く車の処分を済ませることができます。

この記事を最後までお読みいただくなら自分の今乗っている車の「下取り」と「買取」どちらが向いているかがわかります。最後までお読みになって今乗っている車の処分をお得に行ってください。

目次

下取りと買取の違いは「誰が買取るのか」だけ

車の下取りと買取は何が違うのでしょうか?どちらも車を買い取ってもらえるのでどちらでも良い気がするかもしれません。

しかし下取りと買取では特徴に大きな違いがあって知らないと損をしてしまいます。下取りと買取それぞれの特徴を見ていきましょう。

下取りの特徴

下取りの特徴を説明していきましょう。まずは下取りの流れを簡単に紹介します。

  1. 中古車販売店かディーラーに行き、新車あるいは中古車を購入する。
  2. 購入するお店に今乗っている車の下取り査定をお願いする。
  3. 下取り査定額を決めながら新たに購入する車の購入価格を決める。
  4. 契約した後、納車のタイミングで車を入れ替える

下取りの流れを見てもわかりますが、下取りは中古車販売店やディーラーでの車の購入とセットが基本です。中古車販売店やディーラーに行き、必要な書類を持っていけば手続きを行ってくれます。

必要書類は自動車車検証や印鑑登録証明書などです。必要書類に関して詳しくは 書類の記事 をご覧ください。

買取の特徴

買取の特徴を説明します。まずは買取の流れを見ていきましょう。

  1. 買い取ってもらうお店をリサーチして選ぶ。
  2. 査定をしてもらい、納得すれば契約する。
  3. 車を引き渡す。
  4. 査定額が指定した銀行の通帳に入金される。

車を買い取ってもらう場合は、まず車をどこで買い取ってもらうのかお店を選ぶ必要があります。

買い取ってもらうお店を選ぶのは大変そうですが、一括査定できるサービスもありますのでそこまで大変ではありません。

ここまでで下取りと買取の特徴を見てきました。

下取りは車購入とセットという特徴があるのに対し、買取はお店選びから始まるという特徴があります。

では、それぞれの特徴はどのようなメリット・デメリットになっているのでしょうか?説明しましょう。

下取りと買取のメリット・デメリット

車下取りと車買取のメリット・デメリットを見ていきましょう。

下取りは車の購入とセットであることがメリット・デメリットにつながっています。

車買取は複数のお店から売るお店を選ぶことができることがメリット・デメリットに関係しています。

車下取りのメリット・デメリット

まずは車下取りのメリット・デメリットから見ていきましょう。新たな車とセットであることがどのようにメリット・デメリットになっているでしょうか?

メリット

車を下取りに出すメリットは何といっても購入とセットで手続きできるので手間がかからないことです。

新たな車を購入する中古車販売店かディーラーが必要な書類も教えてくれ、書類の書き方も全て教えてくれます。後は中古車販売店かディーラーのスタッフが手続きを進めてくれますので非常に楽です。

さらに、オークション人気のない車は逆に高いこともあります。オークションで人気のない車は走行距離が多い車と年式が古い車です。

走行距離は5万kmを超えると人気がグッと下がります。年式が古い車は古ければ古いほど人気が落ちる傾向にありますが、特にモデルチェンジする前の年式は人気が落ちます。

車種でいうと、現在の市場ではトヨタ・カローラなどのセダンタイプは人気薄です。

また、車の色も不人気なものがあります。あまり突飛な色ではなく、白や黒、シルバーといったオーソドックスな色の方が価格は付きやすいでしょう。

買取専門店で売却すると、買取専門店がそのまま中古車販売店に売るケースもありますが、多くの場合はオークションに出されます。

オークションの場合、車の相場が上がり下がりします。中にはオークションで人気のない車もあるのです。そうした車は買取専門店で買い取ってもらうよりも高い場合があるので覚えておきましょう。

その点に関して付け加えると本来廃車になるような車も下取りしてもらえる可能性もあります。修理箇所が多い、あるいは年式が古いため買取専門店では買取不可とされた車も新たな車の購入前提ですので下取りしてもらえることが多いです。

また、車無しの期間がないのも魅力です。車を下取りに出した場合、基本的には新たに購入する車の入れ替えとなります。

ご自宅で納車やお店で納車の場合でも車を交換する形になりますので車無しの期間はないことになります。

ただし注意が必要なのは下取りに出す車の車検が、新たに購入する車が納入される前に切れてしまう場合です。この場合は車無しの期間が発生することも考えられます。

今乗っている車の車検が、新たな車の納車のタイミングよりも前に切れないか確認しましょう。もし今乗っている車の車検が、新たな車の納車よりも早く切れてしまう場合は車を買うお店に代車を出してもらえないか尋ねましょう。

メリットをまとめると以下になります。

  • 手間がかからない
  • 中古車市場で人気薄の車は高くなることもある
  • 車無しの期間が無い

デメリット

車を下取りに出すデメリットですが、車を買い換えるときでないと利用できないという点があります。車の下取りは新たな車の購入が前提でなされますのでこれは仕方ない点です。

さらに、販売店は元々販売するのが基本で流通ルートなども多くないため価格は安くなりがちです。

ある中古車一括買取サービスの調査によると、一括買取サービスは平均約87万円付いたのに対して、下取りは平均約72万円でした。平均すると15万円、約2割の差です。

また、下取りはオークションで人気のある車は買取よりも価格が安くなることが多くなります。下取りの場合、次にその下取りに出された車の販売を前提に下取り価格を決めているのではないからです。

買取の場合は、人気の車はオークションで高値でやり取りされるのを知っていますので買取金額も高くしてくれます。しかし下取りの場合はオークションでの人気は反映されません。

また、下取りの場合、パーツやアクセサリーを細かく査定することはありません。ですからパーツやアクセサリーなどを装備した車は、せっかくその車にお金を使ってきたのにその分は反映されないのです。

実際下取りの買取額がどの程度なのかは相場ページから確認してみてください。はっきりとした違いがあります。

デメリットをまとめると以下になります。

  • 車を買い換えるときでないと利用できない
  • 流通ルートを多く持たないため価格が安くなりがち
  • パーツやアクセサリーを細かく査定しない

車買取のメリット・デメリット

今度は車買取のメリット・デメリットを見てみましょう。複数の買取店から車を売るお店を選べることはどんなメリット・デメリットになっているでしょうか?

メリット

車買取のメリットは買取だけでも行ってくれることです。

「しばらく車自体に乗らない」「車が複数台あるので慌てて新たな車を購入する必要がない」という人も利用できます。

さらに、買取専門なので流通ルートも多く高価格が期待できます。買取専門店では中古車市場やオークションでの人気を把握し、その点を買取金額に反映させます。ですから人気のある車種は特に高価買取が期待できるのです。

中古車市場で人気が高いのは走行距離が短い車や年式が新しい車です。車種で言うと、日産・セレナやホンダ・フィットなどのファミリーカーが人気です。軽自動車では日産・ノートやマツダ・デミオなどのコンパクトカー、スズキ・ワゴンRなどが人気です。

また、パーツやアクセサリーを査定に反映してくれます。せっかく装備したエアロパーツやマフラー、車内のオーディオやディスプレイの分も細かく買取金額に加えてくれるのです。具体的な価格差を見てみましょう。

2011年式トヨタ・ウィッシュのグレードが1.8sモノトーン(ブラック)で走行距離が80,000kmのものは下取り価格の相場が44.7万円です。しかし買取金額の相場は55.9万円になります。(2018年3月調べ)ウィッシュ相場ページ

 

2011年式日産・セレナのグレードが20Gで走行距離が100,000kmのものは下取り価格の相場が46.5万円です。一方買取金額の相場は60.1万円になります。(2018年3月調べ)セレナ相場ページ

もちろん車種や年式、グレード、状態によっても価格は変わってきますが、売却時の金額で言うと買取に軍配が上がるでしょう。

メリットをまとめると以下になります。

  • 買取だけでも行ってくれる
  • 買取専門なので流通ルートも多く高価格が期待できる
  • パーツやアクセサリーを査定に反映してくれる

デメリット

下取りのデメリットとしては、下取りと比較すると手間が掛かることです。 どのお店で売るかによって買取金額は違ってきますので買取専門店を探すのは大切ですが、買取専門店は多いので迷ってしまいます。

しかし一括で複数の買取店に査定をお願いできる一括査定サービスもありますので、そうしたものを利用すればそのデメリットは軽減できるでしょう。

ここまで車下取りと車買取のメリット・デメリットを見てきました。では、あなたはどちらが向いているのでしょうか?ズバリお答えします。

あなたには「買取」「下取り」どちらが向いているか

車の下取りと買取のメリット・デメリットがわかったところであなたはどちらに向いているのでしょうか?ズバリ向いている人を紹介しましょう。

下取りに向いている人

下取りに向いている人ですが、それは買取額にはそこまで興味がない人です。下取りと買取の金額の差は数十万になることもあります。しかし中にはお金よりも時間が貴重という人もいるでしょう。

ですから下取りは簡単に手放したい人におすすめです。下取りは車を購入する中古車販売店かディーラーが全て手続きを進めてくれるため簡単です。とにかく簡単に早く済ませたいという人には下取りは良いでしょう。

また、常に手元に車をおいておきたい人にも良いです。下取りは基本的には新たな車と入れ替えることになります。ですから絶えず車は手元にあることになります。

一方買取だと車を渡してしまうため、新たな車の購入がなければ車はなくなります。常に車に乗る必要がある人には良いでしょう。

では、買取に向いている人はどんなタイプの人なのでしょうか?

買取に向いている人

買取に向いている人ですが、それは少しでも高く買取ってもらいたい人です。買取は中古車市場やオークションでの人気が買取価格に反映されますし、パーツやアクセサリーなどの細かな部分も査定してくれます。

そのため下取りよりも数万円、中には数十万円も多く買い取ってもらえるのです。この数万円や数十万円を貴重だと見なすなら買取が向いているでしょう。

さらに、早く車を手放したい人にもおすすめです。車の下取りは新たな車の購入が前提でした。その点買取は買取だけで行っていますので、「車が不要になった」「車が他にもあるので新たな車の購入を焦る必要はない」という人に良いでしょう。

少しでも古い年式の車種の人もおすすめです。車の下取りは古いというだけで金額が安くされてしまうことが多いですが、買取の場合、古さだけで査定するのではありません。

古い車でも人気の車もありますし、状態の良い車もあります。パーツやアクセサリーが充実していることもあるでしょう。

買取ならそうした点も踏まえて査定してくれますので少し古い車でも状態次第では買取が断然お得です。

買取の流れや注意する点、必要書類についてはこちらの記事をご覧ください。

では、車の下取り・買取でよくある質問に関しても答えておきましょう。

傷やローンはどう影響する? Q&A

車の下取り・買取に関する代表的な質問と回答を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 傷があると安くなる?
    下取りに関してはどの程度車の傷を見るかというと、隅々までです。もちろんディーラーや中古車販売店によって違いはありますが、ボディのへこみ、傷、カラーの状態、汚れ全て調べられます。基本的には少しのひっかき傷も見逃されないと思っておいた方が良いでしょう。傷があれば下取り価格は抑えられます。
    買取に関しては同じように傷を調べますが、小さな傷程度では買取価格に影響しません。買取の場合に影響するのは大きなボディのへこみやサビからくる腐食です。
    こうしたものがあれば買取価格は下がります。ボディのへこみやサビがある車は修理されることになります。修理を見こした金額が提示されるのです。

    しかし日常で生じる小さなへこみや傷は買取の場合、買取金額は下がることはありません。買取の場合、小さなへこみや傷は織り込み済みだからです。小さな傷の場合は気にする必要はないでしょう。
    買取価格を上げようとしてへこみや傷を自分で修理してから、買取に出す人もいますが、付け焼き刃的な修理はむしろマイナスに影響します。プロが行うのでないなら修理しないでそのまま査定に出した方が良いでしょう。
    どんな傷が減額の対象となるか、また車の傷の対処法については こちらの記事をお読みください。

     

  • 車のローンが残っていても大丈夫?
    車のローンが残っているケースに関して言うと、下取りに出す場合でも、買取をしてもらう場合にも大切なのは所有権が誰になっているかということです。
    ローンによってはローン会社によって所有権の留保をされ、完済するまで売却できないようになっています。最近人気の残価設定型クレジットはローンを完済した上に残価として引かれていた分の金額も支払う必要があります。
    詳しくは こちらの記事に書かれていますので参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか?買取と下取りどちらが正しいかは無く、重視するのがお金か時間かによってどちらも正解となり得ます。大切なのは自分にあったスタイルを選ぶことです。

時間を重視するなら下取りが良いでしょう。下取りなら中古車販売店かディーラーが全て手続きを進めてくれます。

少しでも高く買い取ってほしい人は買取が良いです。中古車市場やオークションでの人気、パーツやアクセサリーもきちんと査定してくれます。下取り価格と数十万円の違いに なることもあるのです。お金を重視する人は買取にしましょう。

この記事を読んだあなたが下取りと買取どちらが向いているのかがわかり、お得に車が売却できるよう願っています。