車の傷の画像

車体に傷がある愛車を売る際には、「事前に傷を修理するべきなのか」「傷があるとどれくらい査定額に影響は出るのか」という点が気になる人は多いかと思います。

まず傷を自分で修理することは費用対効果の観点からおすすめできません

また傷があっても買取はしてもらえますが減額される可能性が高いです。

では諦めて安い買取額で手放すしかないのかというとそんなことはなく、傷がついた車でも高く買取してもらう方法はあります。

結論を先に言ってしまうと、様々な業者に査定を依頼することが高額買取の秘訣です。

というのも提携する板金工場を持っている業者では、自分たちで安く傷を修復できるので業者によって傷の扱い・減額が大きく異なる背景があるからです。

そこで、当記事では

  • 傷のサイズ別による減額目安表
  • 修復歴がある場合の減額目安
  • 傷ありの車を高く買い取ってもらう方法

について紹介していきます。

傷があるけれど少しでも高く買い取ってほしいと思っている方は、是非参考にして満足行く買取を実現してください。

目次

傷による減額相場は大きさと種類に依存する

まずは、傷があることによる減額の目安についてお伝えします。

「傷」と一口に言ってもその度合いは様々ですが、買取業者の査定士は、次の3つの基準に沿って査定をしていきます。

  1. 爪が引っかからない程度の浅い傷か
  2. 再塗装のみで済む浅い傷か
  3. 板金と再塗装が必要な深い傷か

査定減額幅は、上記3つの傷の深さによって左右されます。それぞれ詳しく解説していきます。

爪が引っかからない程度の浅い傷

爪が引っかからない程度の浅い傷はほとんど減額されないので、気にする必要はありません。

なぜなら、屋外で使用していた車は走行中に飛び石などで細かい傷が付くのは当然だからです。その点は査定士も十分に分かっており、減額対象にしないことが多いです。

また、こういった浅い傷は買取業者が自分たちですぐに修理できるので減額対象にしないというのも一つの理由です。

ただし、常識から外れたような無数の傷は簡単に治せると言っても手間がかかるので、ボディ全体の状態を見て減額される可能性があります。

再塗装のみで済む浅い傷

次は「再塗装のみで済む浅い傷(ボディには支障がなく、塗装のみ剥げた)」についてです。

この場合の減額幅は、以下のとおりです。

傷のサイズ 減額目安
1cm未満 ほぼ影響なし
1cm以上~9cm程度(カードサイズ以下) 1万円
9cm以上~30cm程度(A4サイズ以下) 1万円 ~ 2万円程度
30cm以上(A4サイズ以上) 1.5万円 ~ 4万円程度

※日本自動車査定協会の「中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕の車両本体の評価」に基づく

傷のサイズが1cm未満ならほとんど影響ありませんが、それ以上の傷になるとサイズによって減額の度合いも大きくなります。

ただし、実際の査定は「各業者の査定額基準」をもとに実施されるので、減額幅は微妙に異なる可能性があります。

板金と再塗装が必要な深い傷

最後は「板金と再塗装が必要な深い傷」についてです。

このような深い傷を直すには専門的な知識が必要となり、一般的な整備士では修理できないため、専門の工場に委託する必要があります。結果、以下のように再塗装の場合よりも減額の度合いは大きくなります。

傷のサイズ 減額目安
9cm以上~30cm程度(A4サイズ以下) 1.5万円 ~ 5万円程度
30cm以上(A4サイズ以上) 2万円 ~ 8万円程度
パネル面積の2分の1以上 7万円 〜 20万円程度

※日本自動車査定協会の「中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕の車両本体の評価」に基づく

この場合も傷のサイズによって減額目安は変わります。なお、パネル面積(傷がついた部品)の2分の1以上の傷が付くと、部品自体を交換しなければいけないので、減額の度合いは非常に大きくなります。

ただし、この場合の減額幅も「再塗装のみで済む浅い傷」と同様に業者によって変わるので、目安として考えて下さい。

ここまでは「目に見える傷がある車の減額目安」について紹介しました。次の章では、「修復した車の減額目安」について見ていきます。

【修復歴に注意】傷が見えなくても減額

車買取りの査定時は、傷の有無以外に「修復歴があるか」もチェックされます。

仮に修理して傷が見えなくなっていても、「修復歴ありの車」と判定されれば大幅な減額対象となってしまいます。

では、修復歴ありとはどのような状態を指すのでしょうか?

修復歴とは

「修復歴ありの車」とは、交通事故やその他の災害等によって自動車の骨格部位に損傷を受け、修理もしくは部品を交換した車体を指します。

ちなみに、「自動車の骨格部位」とは溶接で取り付けられている車体内側にある部分で、具体的には以下の8つです。

  • フレーム(サイドメンバー)
  • クロスメンバー
  • インサイドパネル
  • ピラー
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • フロア
  • トランクフロア

※具体的な場所に関しては「日本自動車査定協会の修復歴車の定義」を参考

つまり、「修復歴ありの車」はボディ自体がダメージを受けて修理もしくは交換されているものになります。

反対に、ドアやバンパーといったボルトで取り付けられている部分は修理や交換がされていても修復歴有りの車にはなりません。

私たちは「事故車」と聞くとすべてを「修復歴ありの車」と誤解しがちですが、ドアやバンパーなどの取り外せる部品だけ損傷を受けた場合は、修復歴に該当しないということですね。

修復歴があれば正直に申告する

もしあなたの車が「修復歴あり」に該当するなら、査定時は正直に申告しましょう。

減額があるからと言って黙っていると、車を引き渡した後に売却金額を減額される、といったトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

買取業者は査定のプロなので、こういった修復歴はほとんど見抜いてしまいますが、万が一嘘をついているとばれた時は、トラブルが起きるのはもちろんのこと、本来の査定額より減額されてしまう可能性もあります。

そのため、気持ちのいい買取をしてもらうには、減額されるとわかっていても「修復歴の有無」は正直に申告すべきです。

減額される目安

それでは、修復歴ありの車がどれくらい減額されるのか、見ていきましょう。

減額される金額は、車種のランクや修復部位によって以下のように変わります。

(例)修復歴なしの状態で受けた査定金額を100万円とする

ランク 減額幅 このランクの代表的な車種
特C 22万円〜53万円 センチュリー(トヨタ)、プレジデント・GTR(ニッサン)、ディグニティ(三菱)
特B 20万円〜48万円 セルシオ・LS460(トヨタ)、シーマ(ニッサン)
特A 18万円〜45万円 マジェスタ(トヨタ)、NSX(ホンダ)
Iランク 17万円〜42万円 クラウン(トヨタ)、フーガ(ニッサン)
IIランク 16万円〜39万円 レガシィ(スバル)、マークX(トヨタ)、スカイライン(ニッサン)、オデッセイ・S2000(ホンダ)、MPV・RX-8(マツダ)
IIIランク 15万円〜36万円 インプレッサXV・レヴォーグ(スバル)、86・プリウス(トヨタ)、ラフェスタ・シルビア・リーフ(ニッサン)、CRZ・ストリーム・インテグラ(ホンダ)、ロードスター・アテンザ(マツダ)
IVランク 13万円〜32万円 ソリオ・スイフト(スズキ)、ブーン(ダイハツ)、ヴィッツ・パッソ・BB(トヨタ)、ノート・キューブ(ニッサン)、シビック・フィット・CR-X(ホンダ)、デミオ(マツダ)、ランサー・コルト(三菱)
13万円〜32万円 各メーカーの軽自動車

※算定式は、日本自動車査定協会の「中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕の外板価値減点並びに修復歴(未修理車を含む)減点項目」に基づく

修復歴ありの車の減額度合いは高級車になるほど大きく、全体の減額幅はおおよそ基準価格(修復歴なしの査定時価格)の15%〜50%となっています。

やはり目に見えない傷がなくても、「修復歴あり」の車と判定されれば、減額の度合いは大きくなることがわかります。

この章では「修復した車の減額目安」について見てきました。次は「傷がある場合は、査定前に自分で修理したほうが良いのか」という点について解説していきます。

自力での傷修復はオススメしません

車買取時は「傷を修復してから査定をしたほうが高く売れるのでは?」と考える人もいるかもしれませんが、結論から言えば、査定前の修復はおすすめしません

その理由は以下の2点です。

  • 「修復代金>買取金額上昇」となる可能性がある
  • 修理に失敗すると逆に査定額が下がる可能性がある

業者に修復依頼をすると、高額な料金が発生します。

修理費用は3cm前後の傷でも4〜5万円程かかってしまうことも珍しくなく、結果的に修理代金が買取金額上昇分を上回り、損をしてしまう恐れがあります。

また仮に修理に失敗し、修理跡が残っていたり塗装ムラがあったりすると、買取業者が再度修復をする手間が発生するので、査定額は下がってしまう可能性もあります。

そのため、基本的に査定前の修復はおすすめしませんが、

  • もらい事故により、全額相手持ちで修理できる
  • メーカーの保証内で修理ができる

このような場合は無償で修理可能なので、査定前に直しておいたほうがお得になる可能性が高いです。

次の章では、傷ありの車でも高く買い取ってもらう方法について解説していきます。

傷ありで少しでも高く買取ってもらえる方法

ここからは、傷ありの車でも高額で買い取ってもらう2つの方法

  • 複数の業者に査定依頼を出す
  • 洗車と清掃を行う

について解説していきます。

複数の業者に査定依頼を出す

車買取りを依頼する際は、一つの業者だけでなく複数の業者に査定依頼をして比較することが重要です。

その理由は、業者によって傷の減額や扱いが異なるからです。

先ほども見たように、査定の基準は各業者によって異なり、A社では3万円の減額だった場合でも、B社は減額対象の傷と見なさないこともあります。

また、業者によっては自社の整備工場を持っていたり、板金会社と提携していたりすることもあり、そのような業者は一般消費者が依頼するよりも安い金額で修理可能です。つまりその分、買取時も高額な査定を出してくれる可能性があるということです。

このように査定額は業者によって異なる可能性が高いので、複数の業者に査定依頼を出すことで一番高い査定額を出した業者に売ることが可能です。反対に著しく低い価格を掲示されたとしても、比較することで低い査定額だと気づくこともできます。

以上のような理由から、高額買取をしてもらいたいと考えている方は、なるべく複数の業者に査定依頼を出すことをおすすめします。

洗車と清掃を行う

査定依頼を出す前は、洗車と清掃をしておくことも大切です。

洗車と清掃が査定額に影響するのか、と言われれば、少なからずあるでしょう。

なぜなら査定時は基準があると言っても、最終的に判断するのは人間です。もし車が汚れたままの状態だと普段の扱いも雑ではないのかと思われ、減額される可能性もあります。反対に、車が綺麗な状態を保っていれば、査定者もプラスの印象を抱くので、判定が微妙な傷なども見逃してくれる可能性があります。

清掃はお金を払ってクリーニングなどする必要はなく、足元のマットを外して掃除機をかける、脱臭剤を置いて臭いを消す程度で十分です。

こういったことは査定額に少なからず影響を及ぼすので、必ずやっておきましょう。

実際に傷ありの車を比較してもらった人の声

それでは、最後に傷ありの車を買い取ってもらった人の口コミをいくつか紹介します。 

ケース1:「カーセブン」にフリードの買取を依頼

こちらのケースは、カーセブンにフリードの買取を依頼した人の口コミです。

無理な営業活動はせず、非常に対応も落ち着いており、車両に傷があったので、最初の査定額は、こちらの希望より低かったが、交渉でも何度も本部と掛け合ってくれ、ほぼこちらの要求どおりの回答を引き出してくださった。
  • 査定車種:フリード
  • 年式:2009年
  • 走行距離:6万km以下
  • 査定額:50万円
  • 下取り額:30万円
  • 差額:20万円

ケース2:「カーチス」にベリーサの買取を依頼

こちらのケースは、カーチスにベリーサの買取を依頼した人の口コミです。

担当の方が率直に査定価格の理由(この傷が減額の理由等)についてもら説明してくださってよかったです。また、ネットで申し込みをした後、すぐに電話をもらえて、下見の希望日時もこちらの都合に合わせてきていただけたのでとても助かりました。
  • 査定車種:ベリーサ
  • 年式:2011年
  • 走行距離:5万km以下
  • 査定額:30万円
  • 下取り額:21万円
  • 差額:9万円

ケース3:「ビッグモーター」にクラウンの買取を依頼

こちらのケースは、ビッグモーターにクラウンの買取を依頼した人の口コミです。

一番最初に電話をくれ、さらにその日に車を見に来てくれた。傷があることを気にしないでくれ、標準査定額よりも高く設定してくれ、担当者も親身で良かった。当方女性ではじめて車を売るので色々不安だったが、対応に安心できたので決めました。
  • 査定車種:クラウン
  • 年式:2012年
  • 走行距離:11万km以下
  • 査定額:40万円
  • 下取り額:30万円
  • 差額:10万円

ケース4:「シーボーイ関西」にワゴンRスティングレーの買取を依頼

こちらのケースは、シーボーイ関西にワゴンRスティングレーの買取を依頼した人の口コミです。

価格には満足。対応速度も早く、求めているものに明確に回答してもらえた。買取り価格については傷あり車にも関わらず大分ガンバってもらえたと思う。決済も早く、また納車まで待ってもらえると、融通も利いたこともプラス。
  • 査定車種:ワゴンRスティングレー
  • 年式:2008年
  • 走行距離:6万km以下
  • 査定額:27.5万円
  • 下取り額:15万円
  • 差額:12.5万円

傷有りでも高く売るには何より比較すること

上記4ケースでは、傷ありの車でもしっかりとした値段で買い取ってもらえました。また注目していただきたいのが、下取り価格よりも査定額の方が10〜20万円ほど高い点です。

ディーラーに行くと、「今所有している車を下取りに出せば、○○円値引きさせていただきます」といったことを言われますが、上記のデータを見れば即決しないほうがいいのは明確ですね。

ただし、下取りは面倒な手続きがいらない、価値のない車でも価格がつく、といったメリットもあるので、やはり先ほどお伝えした複数の業者を比較するということが大切になってきます。

まとめ

今回の記事では、「傷がある車の減額目安」「修復歴がある車の減額目安」「傷は自分で修理しないほうがいい理由」「傷ありの車を高く買い取ってもらう方法」について解説しました。

最後に、重要なポイントをまとめます。

  • 傷がある車の減額幅は各業者によって異なる
  • 傷があってもなるべく自分で直さない
  • 査定前は洗車と清掃を行う
  • 複数の業者に査定依頼を出す

ここまで読み進めていただいたあなたは、傷がある場合の減額目安や少しでも高く買い取ってもらう方法を理解し、有意義な車の買取依頼をできる状態になっているはずです。

上記の重要ポイントを頭の片隅においた上で、早速査定依頼を出してみましょう。