車のローン計算

ローンが残っている車を売却する際に「そもそも売却できるのか」「売却後はローンをどこに払えば良いのか」といったことが気になる人は多いと思います。

そこで今回の記事では「ローンが残っている車を売却する際に知っておくべきこと」について徹底解説していきます。

この記事を読んでわかることは以下の通りです。

  • ローンがあっても売却は可能ということ
  • ローンがある車の名義は自分のものではない場合が多いので、そのまま売ると犯罪になってしまう可能性があること
  • 「売却額とローン残債の大小関係」によって様々なローン残債支払い方があるということ
  • ローンがある車を安心して売却する方法

上記の4点について詳しく解説していきます。

ローンが残っている車をお持ちの方は、この記事を参考にして売却を検討してみてください。

目次

ローンが残っていても売却は可能

前提として、ローンがある車でも売却は可能です。

ただし売却額とローン残債の大小関係によっては、差額を支払わなくてはならないケースもあります。

  車の乗り換え予定あり 車の売却のみ予定
売却額 ≧ ローン残債
  • 差額が手に入る
  • 差額が手に入る
売却額 < ローン残債
  • 差額を現金払い
  • 残債上乗せサービス
  • 差額を現金払い
  • ローン返済サービス

査定額にローンの影響はありません

売却査定額にローン残債の影響は全くありません

なぜなら売却査定額とは車の状態や性能から判断される金額であって、ローン残債とは別物であるためです。

簡単に言えばローンとは車の持つ性能などとは関係なく、ご自身の肩に乗っている借金のことなので、売却査定額には影響がありません。

そのため一般的には、

「売却査定額」-「ローン残債」=「手元に残る金額」

という計算で最終的な支払金額が決定されます。

また「ローン残債」はどうやっても下げることのできない借金なので、手元に残るお金を増やしたければ、「売却査定額」を上げるしかありません。

「車の名義」を無視して売却すると犯罪になる

売却する時にまず注意しなければならないのが、「車の名義」が自分のものになっているか確認するということです。

車は不動産などと同じように、法律によって保管管理の責任や所有権が定められています。そのため、所有者にしか車を売却する権利はありません

もし、名義が自分のものになっていない車を勝手に売却してしまった場合、これは横領罪という犯罪になってしまうこともあるので、注意が必要です。

名義を確認するには自動車検査証(車検証)の「所有者」の欄の名前を確認すると良いでしょう。

ただし所有者とは別に「使用者」という欄もあり、使用者=所有者ではないのでこちらも注意が必要です。

特にローン中の車所有者は、ほとんどの場合ディーラーが所有者となっていますので、名義変更は必須となっています。

名義変更で必要な手続きと書類一覧

名義が自分のものでなかった場合に名義を変更する下記2つの方法について解説します。

  • 自分で名義を変更する方法
  • 業者・ディーラーに名義変更を任せる方法

自分で名義を変更する方法と必要書類

自分で名義変更をする場合は、必要書類を自分で用意して運輸局での手続きを行う必要があります。

一連の作業は非常に手間がかかるので「業者・ディーラー」に名義変更を任せることをオススメします。

軽自動車の場合は「軽自動車協会」で行います。必要書類などは普通自動車と同じですが、手続きする場所が違いますので注意が必要です。

まずは運輸局での名義変更の当日の流れを図にしましたので、ご参考ください。

移転登録の流れ

また名義変更の正式名称は「移転登録」と言います。ご自分で名義変更をする場合はこの名称も覚えておきましょう。

移転登録に必要な書類

移転登録に必要な書類は以下の10種類です。

  1. 譲渡証明書(旧所有者の実印の押印があるもの)
  2. 旧所有者の印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)
  3. 新所有者の印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)
  4. 旧所有者の委任状(旧所有者の実印の押印があるもの)
  5. 新所有者の委任状(新所有者の実印の押印があるもの)
  6. 車検証(車検が切れていないこと)
  7. 新使用者の車庫証明書(概ね1か月以内のもの)
  8. 手数料納付書
  9. 自動車税・自動車取得税申告書
  10. 申請書

8~10の書類に関しては当日に用意できるので、実質1~7までの書類を必ず事前に準備する必要があります。

また、1~5の書類に押印される実印はそれぞれ同じものである必要があります。

7の車庫証明書は車検証の「使用の本拠の位置」に変更がない場合は省略することができます。例えば家族間での名義変更や、ローン完済による所有権解除などの場合です。

申請を新・旧所有者が行う場合はその方の委任状は省略することができますが、当日実印が必要になりますので、注意してください。

移転登録に必要な費用

移転登録に必要な費用は以下の通りです。

項目名 必要費用
移転登録手数料 500円
車庫証明書の取得費用 2,500円~3,000円程度(都道府県によって差があります)
ナンバープレート代

1,500円程度

(希望ナンバー:3,900円~5,600円程度)

(図柄ナンバー:7,000円~9,200円程度)

自動車取得税

売買などで自動車を取得した人に対して課される税金

新車当時の価格・経過年数などによって計算

車両により異なります

以上の必要書類と費用を移転登録手続きの際に運輸局に持参し、名義変更手続きを行いましょう。

業者・ディーラーに名義変更を任せる方法と必要書類

自分で名義変更を行う方法もありますが、準備するものや書類がかなり多く旧所有者の方とも連絡を取り合わなければなりません。

そのため専門業者やディーラーに行ってもらうほうが、かなり楽で早く確実に名義変更が済みます。

これから下記の3つの業者に関して、行ってもらえる業務やおおよその費用について解説します。

  • ディーラー
  • 買取専門業者
  • 行政書士

ディーラーに依頼する場合

ディーラーは車の売買の他にも名義変更サービスなどを行っている場合が多いため、どこに依頼しても大抵は引き受けてもらえます。

また以前そのディーラーから車を購入したことがあったり、車の購入を考え中の場合は費用などをサービスしてもらえることもありえます。

基本的な費用としては、「運輸局に行く費用」と「車庫証明のための人件費」という2つに大きく分かれます。

そして彼らは運輸局には毎日のように足を運んでいるので「運輸局に行く費用」はサービスになりやすいと言えます。

ただし車庫証明には警察署に2度行く必要があり、その人件費として15,000円程度かかる場合が多いです。

そのため車庫証明だけは自分で入手したほうが安くなりやすいと言えます。

各書類の用意はディーラーに指示を受けてからでも問題ありませんが、「車検証」だけは依頼時に必ず持っていきましょう。

また、「移転登録に必要な書類」の項の1~5に関しても、事前に準備しておくことで移転登録をスピーディーに行ってもらえます。

とにもかくにも、これから売却を考えている販売店のディーラーや以前車を購入したことのあるディーラーなどに問い合わせてみると良いでしょう。

買取専門業者に依頼する場合

専門業者に委託する場合は業者によって差があるものの、おおむね2万円程度から引き受けてもらえるようです。

ただしナンバーの変更がある場合は車を運輸局に持ち込む必要があるので、その分割高になります。ナンバー変更の場合は約35,000円程度が相場のようです。

例えば大手買取専門業者のカーチスでは、売却が決まった車に対して所有権解除や名義変更手続きの代行を行っているようです。

依頼する際に事前準備する必要のある書類は、「譲渡証明書」「新・旧所有者の委任状」「印鑑証明書」「車検証」です。

これらは依頼する際にも指示を受けられますので、事前に「名義変更手続きを代行してほしい」という旨を伝えておくと良いでしょう。

また事前に確認し書類を用意していない場合、カーチスが全て代行することになり、時間もかかることになります。混雑時には2~3か月かかることもあるようなので、事前に確認して書類をそろえておくのが望ましいでしょう。

行政書士に依頼する場合

行政書士でも名義変更の代行を行ってもらえます。

ただしナンバー変更なしで2万円程度、ナンバー変更ありで4万円程度の費用がかかります。

また運輸局に車を持ち込まないといけないので、ナンバー変更ありの場合は断られる可能性もあります。

また行政書士の場合もディーラーや買取専門業者同様、事前に準備する必要のある書類は「譲渡証明書」「新・旧所有者の委任状」「印鑑証明書」「車検証」です。

これらの準備も代行してもらうこともできますが、業者によっては費用が別途かかったり手続きが滞る原因にもなりますので注意が必要です。

上記3つの業者を比較すると、最安値で名義変更を行ってくれるのはディーラーの可能性が高いと言えます。

また車庫証明以外は無料になる可能性もあるので、まずはお近くのディーラーに問い合わせてみることをおすすめします。

さらに車の買取を行ってもらう事が決定している買取業者であれば、手続きを無料で代行してくれる業者も多く、買取を先に決定してしまうほうがスムーズに名義変更を行うことができます。

「売却額とローン残債の大小関係」で変わるローン支払い方法

ローンが残っている車を売却した際に起起こるパターンを大きく分けると2つあります。

  • 売却額がローン残債よりも高く差額がそのまま手に入る
  • ローン残債のほうが高く、差額を支払う必要がある

ローン残債よりも売却額のほうが高いケースでは問題はないのですが、ローン残債より売却額のほうが低くなるケースでは差額を支払う必要があるので注意が必要です。

もちろん不足分を払うだけの現金があれば問題ないですが、手持ちでは足りないことも実際にはあるかと思います。

そんなときのために、「残債上乗せサービス」と「ローン返済サービス」というものがあります。

以下の表では、「売却額とローン残債の高低」、「乗り換え予定ありと売却のみの違い」から起こりうるケースを示しています。

  車の乗り換え予定あり 車の売却のみ予定
売却額 ≥ ローン残債
  • 差額が手に入る
  • 差額が手に入る
売却額 < ローン残債
  • 差額を現金払い
  • 残債上乗せサービス
  • 差額を現金払い
  • ローン返済サービス

上記の表からローン残債のある車を売却する際、以下の4つのパターンがあることがわかります。

  1. 差額がそのまま手に入るパターン
  2. 差額を現金払いするパターン
  3. 残債上乗せサービスを利用するパターン
  4. ローン返済サービスを利用するパターン

差額がそのまま手に入るパターン

車の買い替えをお考えの方も売却のみを考えている方でも、売却額がローン残債を上回ればその差額が手に入ります。

そして買い替えをお考えの方の場合、その差額を次に購入する車の頭金などに利用することでローン以外の出費をなくすことが可能です。

そのため売却の前にが次に購入する車もある程度絞り込んでおき、どの程度の差額が必要になるのか把握しておいたほうが良いでしょう。

差額がそのまま手に入るケースの具体例を1つ挙げておきますので参考にしてください。

差額がそのまま手に入るケースの具体例

ローン残債が250万円あるランドクルーザーを売却して400万円になったので、差分の150万円を頭金にC-HRを購入した。

売却額 - ローン残債 = 損益額

400万円 - 250万円=150万円の益

できるだけ売却額が残債を上回るようにすることが大切

上記のように売却額がローン残債を上回ったときのみ差額が手に入るので、車の買い替えをお考えの場合は売却額が上回るようにしてもらえる業者を探したほうが良いでしょう。

もちろん車種や車体の状態によっては限界がある可能性もありますが、できるだけ高く買い取ってもらえるように業者の比較は徹底しましょう。

差額を現金払いするケース

車体の状態や性能、年式、走行距離、事故やキズ、へこみなど様々な要因によって、査定額をローン残債が上回るケースでは基本的に、差額を現金払いする必要があります。

差額を現金払いするケースの具体例を1つ挙げておきますので参考にしてください。

差額を現金払いするケースの具体例

ローン残債が60万円あるフェアレディZを売却したところ50万円になって「ローン残債が査定額を上回ってしまったので」差額の10万円を業者に支払った。

売却額 - ローン残債 = 損益額

50万円 - 60万円 = 10万円の損失

事故や修復歴などで売却額が落ちる可能性があるので注意

このようにローン残債が売却額を上回ることもありますのでご注意ください。

ただし車の売却額は基本的に下がり続けますので、多少ローン残債が上回っても納得のいく値段を提示してくれた業者には売却をしてしまったほうが無難と言えます。

残債上乗せサービスを利用するケース

差額を支払わなければならない場合に利用できるサービスとして「残債上乗せサービス」というものが存在します。

このサービスの利用条件は以下の通りです。

  • ローン残債が売却額を上回っている
  • 車を売却のみではなく、買い替える予定にしている

このサービスには上記2つの条件があります。

売却のみをお考えの方は、この部分を読み飛ばして次の「ローン返済サービス」についてお読みになっても構いません。

このサービスは簡単に言えば、「2つのローンの総支払額を合計し2つのうち、より長いローン期間で割った金額を今後のローン支払い額にする」というサービスです。

しかし、これだけではわかりにくいと思いますので、わかりやすく説明するために、例を挙げて解説します。

残債上乗せサービス利用の例

現在乗っている車のローン残債が120万円(8万円×15か月)あるとします。

そしてその後300万円の車を5万円×60回払いで購入しようとしているとします。

しかし例えば現在乗っている車の売却額が60万円だったとすると、差額は60万円であなたは本来その場で60万円を現金で支払うかそのまま継続してローンの支払いを続ける必要があります。

ローンで支払い続ける場合、最初の15か月間は今乗っている車のローン残債と売却額の差額60万円÷15か月=4万円と同時に、新しい車のローン5万円の計9万円を毎月支払う必要が出てくるということです。

このように本来ならばローンを二重に支払う必要があり、生活が圧迫されます。

しかしこの「残債上乗せサービス」を利用すると、新しい車の価格300万円に元の車の売却差額の60万円を上乗せし、合計360万円を60回払いに変更することができます。

要するに最初の15か月間毎月9万円で、その後48か月間5万円のローンの支払いだったものを、60か月間ずっと変わらず6万円の支払いに変更するというサービスです。

上記例の「残債上乗せサービス未利用」と「利用」の金額的な違いを下記に簡潔に記しておきます。

未利用・利用の両方の前提

売却額(60万円) - 元々のローン (120万円) = ローン残債(60万円)

未利用

ローン残債(60万円)+ 新規ローン(300万円)

     = (9万円/月 × 15か月) + (5万円/月 × 45か月)

利用

ローン残債(60万円)+ 新規ローン(300万円)= 6万円/月 × 60か月

現金で支払えない、二重のローンが困難な場合は上乗せがおすすめ

差額を現金で支払ったりローンを二重で支払うことが困難な場合、このサービスを利用することをおすすめします。

しかしあくまでも一回の支払額を分散するサービスなのであって、ローンの総額が変わるわけではないので、この点は勘違いしないようにご注意ください。また金利も業者によって変わるので、その部分は必ず確認するようにしましょう。

そしてこのサービスは対応している業者と対応していない業者がありますので、このサービスを利用したい場合は自分で業者に問い合わせて確認する必要があることも覚えておきましょう。

筆者が調べた 2018/05/01 時点で対応している業者を数社挙げておきますのご参考にしてください。

  • ガリバー
  • カーチス
  • アップル

上記に挙げた業者もサービスが利用できない場合もありますで、必ず確認をするようにしてください。

ローン返済サービスを利用するケース

ローン返済サービスとは、ローン残債が売却額を上回った場合に本来であれば差額を現金で支払うところを、買取業者に一旦ローン残債の全額返済を行ってもらい、新たにその業者に対してローンを組むサービスです。

このサービスの利用条件は下記の通りです。

  • ローン残債が売却額を上回っている
  • 車の売却のみを行いたい

上記2つの条件を満たしている場合にこのサービスを受けることができます。

このサービスができた経緯

なぜこのようなサービスがあるかというと、車の売却時に以下の4つが発生することがあるからです。

  1. ローン中の車の所有権はディーラーにあるものが一般的で自分の意志では売れない
  2. 売るためにはローンを返済し所有権を自分に移す必要がある
  3. しかしローンの返済に充てられるお金は車を売って作る必要がある
  4. 売却額ではローン返済できないが、車は売却してしまいたい

上記のようなことが起こっているため、これを解決するために買取業者が、一旦所有権を持っているディーラーに対してローンを完済します。

その後所有権をあなたに移して車を売却してもらい、その金額を買取業者は受け取ります。

しかしローン残債のほうが売却額よりも高いので、その差額を支払う必要があります。

その差額を買取業者に対して新たにローンにするサービスがこのローン返済サービスということになります。

簡単に言えば、買取業者に借金の肩代わりをしてもらう仕組みのことです。

ローン返済サービス利用の例

所有者名義がディーラーである、ローン残債150万円の車を売却したいと考えましたが、所有権が自分にないのでこのままでは売却ができません。

名義変更も行ってもらえる買取業者を見つけましたが、売却査定額は100万円でした。

しかし不足分差額の50万円は手元になく用意できません

そこで買取業者に頼んでローンを代わりに完済してもらい、新たにこの買取業者に対して、毎月5万円の10ヵ月払いというローンを組んでもらう方法を採りました。

上記の例の「ローン返済サービス」の最終損益とその後の支払い額を下記に簡潔に記しておきます。

損益

売却額(100万円) - 元々のローン残債(150万円) = 現在のローン残債(50万円)

その後の支払額

ローン残債(50万円) ÷ 新規ローン期間(10か月) = 5万円/月

差額が支払えず車を買い替える予定もない方にこのサービスはおすすめ

上記の例のような方法を利用すれば、ローンが残っており売却額よりもローン残債のほうが上回っていたとしても、車を売却することが可能なので「差額が支払えず、車を買い替える予定もない」という方におすすめのサービスです。

しかしこのサービスも残債上乗せサービス同様、利用できる業者とできない業者があります。

そのためこのサービスを利用したい場合は、自分で業者に問い合わせて確認する必要があることも覚えておきましょう。

筆者が調べた 2018/05/01 時点でこのサービスに対応している業者を数社挙げておきますので参考にしてみてください。

  • ガリバー
  • カーチス
  • アップル

上記に挙げた業者もサービスが利用できない場合もありますで、必ず確認をするようにしてください。

買取相場を知っておくことが何よりも大切

ローン残債上乗せサービスやローン返済サービスはあくまでも奥の手として考えましょう。

基本的には残債よりも売却査定額が上回るようにするのが大切で、そのためには買取額の目安を知っておくことがとても大切です。

車の買取相場を見てローン残債を上回ることが可能なのかをおおよそ把握しておくと、その後の手続きや自分が取るべき手段の選択もスムーズにいきやすいと言えます。

おおよその相場は見積や業者の比較よりももっと簡単ですぐに行えます。

またナビクルの相場ページを利用して相場を知るだけであれば個人情報を入力する必要もありませんので、売却を検討中の方や相場だけが知りたい方にはおすすめです。

こちらのナビクル査定相場相場検索から、車種情報を選んで買取額の参考にしてください。

sp版イメージ※スマートフォン版のキャプチャ

まとめ

ローン残債のある車を売却する際に必要な手続きや知っておくべきこと、またそれらに関わる買取業者のサービスなどについて解説してきました。

まとめると以下になります。

  • ローンが残っている車の所有者はたいていの場合他人になっているので、名義変更が必要
  • 名義変更は車の買取業者に行ってもらうのが最も格安で便利、そしてスムーズ
  • 売却額が残債を超えない場合には、残債上乗せサービスやローン返済サービスなどがある
  • 残債サービスなどは最終手段で、なによりもまずは高額買取を目指すことが重要

この記事をお読みになったあなたがローン中の車をよりお得に売却できるよう願っています。