カレンダーと時計

この記事のポイント

  • 車を売るのにおすすめの時期は1~3月!
  • 時期以外にもおさえておきたいタイミングがある!
  • 車を売るのにおすすめの時期っていつ?
  • 時期によって査定額が変わるの?

以上のような疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。

車を手放す時は、できるだけ高い値段で売却したいですよね。

結論として、車が高く売れる時期やタイミングは存在します。時期によって需要の大きさが明確に変わり、買取相場が変動するのです。

この記事では、車を売るのにおすすめの時期やタイミングを紹介します。時期以外の観点からも車を高く売るコツを紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

車売却におすすめの時期は1~3月

結論として、車を売却するのにおすすめの時期は1~3月です。理由は以下となります。

  • 需要が高まる時期に向けて買取店が買取を強化するため
  • 多くの買取店が3月に決算期を迎えるため

車を少しでも高く売りたいなら、車の需要が高まる時期や買取店の決算期を狙うのが有効です。それを踏まえて最もおすすめしたいのが1~3月なのです。以下で詳しく説明していきます。

新年度のスタートに向けて車の需要が高まり、買取相場が上がる

1~3月には、買取店が車の買取を強化します。新生活のスタートを前に車の需要が高まるため、在庫の確保に力を入れるのです。

買取店が少し高い値段をつけてでも車を買い取ろうとするため、査定額が上がりやすくなります。

多くの買取店が3月に決算期、9月に半期決算期を迎える

3月には、多くの買取店が決算期を迎えます。買取店は売上目標を達成するために1台でも多くの中古車を売りたいと考えるため、積極的に仕入れを行うのです。そのため査定額が上がりやすくなります。

決算期という観点だと、9月も比較的高い査定額が期待できます。多くの買取店が半期決算期を迎えるためです。1~3月の次に狙い目なので、検討してみてもよいでしょう。

ここまで、車を売るのにおすすめの時期について解説してきました。高く売れやすい時期はあるものの、購入した時期や車の状態によって売却のタイミングは異なります。以下では、車を売るのにおすすめのタイミングを解説していきます。

車を売るのにおすすめのタイミング

ここからは、車を売るのにおすすめのタイミングをお伝えしていきます。具体的には、以下の3つです。

  • 車検の前
  • モデルチェンジの前
  • 年式・走行距離が一定基準に達する前

詳しく説明していきます。

車検の前

車を売るのには、車検の後よりも前の方がおすすめです。車検を通してからの方が査定額が高くなるように思えるかもしれませんが、そこまでの差はありません。

むしろ、車検にかかったお金の分だけ出費が増えることになります。車検前に売却してしまった方が賢明です。

売却を検討し始めたら車検の時期を確認し、その前に売ってしまうことをおすすめします。

モデルチェンジの前

モデルチェンジの前に車を売った方が、高く売れる可能性が高いです。

モデルチェンジが実施されて現在所有している車のモデルが古くなると、その分価値も下がってしまいます。その前に手放した方がお得に車を売却できるのです。

年式・走行距離が一定基準に達する前

年式や走行距離が一定の基準を超えると、査定額が落ちる傾向があります。大台に達する前に売却することをおすすめします。

目安として、年式が10年、走行距離が10万キロを超えると査定額が落ちるといわれています。この点もおさえておきましょう。

ここまで、車を売るのにおすすめの時期やタイミングについて解説してきました。次は、逆に売却をおすすめできない時期について解説していきます。損をしないために知っておきましょう。

車売却をおすすめできない時期

ここからは、車売却をおすすめできない時期について説明していきます。

4月に売却するのはおすすめできない

4月に車を売るのはあまりおすすめできません。損をする可能性があるうえ、手続きが面倒になることが予想されるからです。

4月に車を売ると、必要以上に自動車税を払うことになる場合があります。自動車税は4月1日時点の車の所有者が1年分を支払うことになっており、4月に車を売却した場合は、車が手元にないにもかかわらず一年分の税金を払うことになるのです。

とはいえ、払いすぎた自動車税については、「還付」という仕組みがあります。これは車を廃車にした場合にのみ適用されるものですが、売却の場合は買取店が査定額に含めてくれることが多いです。

注意したいのが、軽自動車を売却する場合です。年間で10,800円かかる軽自動車税には還付の仕組みがありません。払いすぎて損をしてしまう可能性があるので注意が必要です。

いずれにしても、4月に車を売却すると税金まわりの手続き等が面倒になることが予想されます。4月以前に売却を済ませるのがおすすめです。

年末は買取相場が下がる

年末は、車の買取相場が下がる傾向があります。車の需要が落ち込むためです。

年末から年始にかけてはクリスマスやお正月などイベントが立て込み、出費がかさみがちな時期です。そのため、車購入という大きな買い物をする人が減り、需要が落ち込むのです。

需要が少ないため、買取相場が下がる傾向があるのです。少しでも高く車を売りたいなら、年末は避けた方がよいでしょう。

ここまで、車を売却する時期やタイミングについて解説してきました。時期やタイミングという観点以外でも、車を高く売るためのコツがあります。以下でみていきましょう。

時期以外にもコツがある!車を高く売る方法

ここからは、「時期」以外の観点から車を高く売る方法を紹介します。

具体的には、以下の3つです。

  • 車をできるだけきれいな状態にする
  • 整備記録簿や純正部品を用意しておく
  • 複数社の査定額を比較する

それぞれについて説明していきます。

車をできるだけきれいな状態にする

売却の際には、車をできるだけきれいな状態にしておきましょう。軽くでもよいので洗車や車内の清掃、消臭をしておくことをおすすめします。

ただし、きれいな状態にすることで査定額が大幅に上がるというわけではありません。しかし、査定士に良い印象を与えることは重要です。大切に扱われてきた車だとアピールし、査定士に安心感を与えましょう。

清掃をすることが直接査定額に影響するとは言い切れませんが、損をすることはありません。やっておくに越したことはないでしょう。

整備記録簿や純正部品を用意しておく

車を売る際、整備記録簿や純正部品があったら用意しておきましょう。査定額アップにつながることがあります。

整備記録簿はその車がどのようなメンテナンスをされてきたかがわかる大事なものです。きちんと整備されてきたことのアピールにも使えるため、用意しておきましょう。

また、後から取り付けることが難しい純正部品はプラス査定につながることがあります。用意しておき、値段をつけてもらいましょう。

複数社の査定額を比較する

車を少しでも高く売りたいなら、複数社の査定額を比較することが最もおすすめです。最も高く買い取ってくれる業者を選んで車を売りましょう。

しかし、複数の買取店にそれぞれ査定を依頼するのは手間と時間がかかります。そこでおすすめしたいのが「一括査定サービス」を利用することです。一括査定サービスは、一度の情報入力で複数の買取業者に査定を依頼できるサービスです。一社一社に見積もりを依頼する手間が省けますし、無料で利用できるのも嬉しいポイントです。

おすすめしたい一括査定サービスが、シェアNo.1を誇る「ナビクル」です。おすすめする理由は以下となります。

  • JADRI(日本自動車流通研究所)所属の、厳しい基準をクリアした業者のみと提携
  • 利用者の73%が高く売れたと実感・平均23万円お得になる
  • 45秒で入力が完了し、最大10社に査定を依頼できる

ぜひ「ナビクル」を利用して複数社の査定額を比較し、少しでも高く車を売りましょう。

まとめ

この記事では、車を高く売れる時期やタイミング、少しでも高く売るためのコツを紹介してきました。

車を高く売りたいなら、1~3月を狙うのがおすすめです。また、売却のタイミングとしては車検の前やモデルチェンジの前、年式・走行距離が大台に乗る前がおすすめです。

時期以外の観点から高く売る方法を考えるなら、複数社の査定額を比較することが最も有効です。その際、一括査定サービスを使うと手間が省けておすすめです。シェアNo.1の「ナビクル」を使ってみてはいかがでしょうか。

この記事を参考に売却時期を検討し、お得に車を売っていただければ幸いです。