2021

13

Apr

車買取・車査定

更新日: 2021-04-13

オークションで車は売れる!買取との徹底比較でピッタリの売却先を選ぼう

オークション

この記事のポイント

  • 自動車はオークションへ出品できる
  • オークション(個人間売買)はトラブル発生のリスクが高い
  • 一括査定サイト「ナビクル」なら安心して車を高く売れる

自動車を売却する方法は多数ありますが、オークションもそのひとつです。

買取業者に買い取ってもらう方法などと比べると、オークションは馴染みが薄いという人が多いでしょう。「どのような手続きが必要なの?」「高く売れる?」「リスクはないの?」と、さまざまな疑問を抱えて、利用を迷っている人もいるのではないでしょうか。

オークションで自動車を売却することには、メリットがある一方で少なからずリスクもあります。そこでこの記事では、オークションで自動車を売却する方法とメリット・デメリット、おすすめのサービスを紹介します。

自動車のオークションについて理解し、ご自身に合った売却方法を見極め選ぶことができるようになるでしょう。

複数社の査定額を比較!車を高く売るなら「ナビクル」

ナビクルトップのキャプチャー画像
入力の手間 対応地域 同時見積数
45秒 全国 最大10社
  • 45秒の入力で最大10社に査定依頼が可能
  • 下取りよりも高い値段がつきやすい
  • 複数社の査定額を比較して、
    最高額で車を売れる

一括査定サービス「ナビクル」を使えば、複数業者の査定額を比較してあなたの車を最高額で売ることができます。無料で利用でき、申し込み後に車の概算価格がわかるのもポイントです。

╲数十万円高い査定額がつくことも╱

無料愛車の価格を調べる

自動車はオークションに出品できる!

オークション

自動車は、服や日用品などと同じようにオークションに出品できます。自動車を取り扱うオークションは、主に次の2種類です。

オークションの種類

業者オークション

業者オークションは、全国各地で開催される業者専用のオークションです。

参加するためには一定の要件を満たす必要があり、基本的に一般人は参加できません。個人で利用するには「オークション代行業者」に依頼する必要があります

その他オークション

その他オークションのなかには、フリマサイトやYahoo!オークション等のネットオークションなど「個人売買」で利用できるものもあります。

特別な参加資格などはなく、ユーザー登録をすれば一般人でも出品・落札が可能です。

オークションで自動車を売ることには、メリットとデメリットの両方が存在します。オークションの利用で失敗しないために、以下でメリット・デメリットを確認しておきましょう。

オークションのメリット・デメリットを確認しよう

オークションメリットデメリット

オークションには、買取業者への売却や下取りなどの方法と比べてメリットがある一方で、デメリットや注意しなければならない点もあります。両方を理解して制度を利用することが、賢く自動車を売るコツです。

以下で、オークションの3つのメリットと4つのデメリット・注意点を解説します。

オークションのメリット3つ

自動車をオークションで売るメリットは、主に次の3つです。

3つのメリット

  • 相場よりも高値で売れる可能性がある
  • 大量の電話がかかってこない
  • レアな車なら高額落札の可能性もある

以下でそれぞれ説明します。

相場よりも高値で売れる可能性がある

オークションでは競りによって、落札価格が市場の相場よりも伸びることがあります

また、最低落札価格(売却希望価格)を設定でき、自分の納得した価格で売却できるという点もメリットです。オークションによっては、入札額が最低落札価格を超えない場合のキャンセル料が基本的に無料です。ですが、入札があった場合の取り消しはキャンセル料が発生する可能性があるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

大量の電話がかかってこない

買取業者に査定を依頼すると、電話番号が業者の顧客リストに載るため、営業の電話がかかってくるようになります。頻繁にかかってくる電話を、ストレスに感じる人もいるでしょう。

一方、オークションでは運営スタッフとのやりとりが発生するものの、営業電話に煩わされる心配はありません。

レアな車なら高額落札の可能性もある

オークションに自動車を出品すると、多数の業者や購入希望者の目に触れます。そのため、希少な車の価値を知っている人からの正しい評価を得られ、買取や下取りより高く売れる可能性があるでしょう。なかには、想定以上の高額落札となるケースもあります。

オークションのデメリットと注意点

オークションで車を売るデメリットと注意点には、次のようなものがあります。

4つのデメリットと注意点

  • 手数料や搬入費用などには注意
  • 好きなタイミングで買い手が見つからない
  • 取引後、買い手からクレームが入ることもある
  • 買い手が名義変更しない可能性もある

以下でそれぞれ説明します。

手数料や搬入費用などには注意

オークションを利用する際には、手数料や搬入費用などの費用が発生します。そのため、思いのほか手元に入る金額が少なくなることがあることに注意が必要です。

オークションの種類別の、諸費用の相場は次のとおりです。

オークション代行業者に依頼する場合 個人向けオークションを利用する場合
・代行手数料: 30,000~50,000円程度
・出品料:10,000~30,000円程度
・成約料:10,000~30,000円程度
・搬入費:10,000~60,000円程度
・キャンセル料:0~30,000円程度
・会員費:月額500円程度
・出品システム利用料:3,000円程度
・落札システム利用料:3,000円程度
・出品取消システム利用料:3,000円程度

※オークション代行業者や個人向けオークションによって料金が異なる場合があります。

オークションを利用する場合は、諸費用が引かれることを計算に入れて最低落札価格を設定しましょう。

好きなタイミングで買い手が見つからない

オークションに出品しても、入札が全くない場合は車を手放せません。また、入札価格が最低落札価格に満たず、売却できないこともあります。

買い手がつくかどうかは市場の需要などにも左右されるため、出品したタイミングで必ず売れるとは限らないのです。

そのため、自動車税の納付期間などを理由とし早急に車を売却したい人には、オークションの利用はおすすめできません。

取引後、買い手からクレームが入ることもある

フリマサイトやネットオークションを利用した個人間売買では、やりとりがオンラインで行われるため、買い手は車両の状態を直接確認できません。

そのため、取引後に買い手から、傷や凹みがあるとクレームが入るケースがあります。もしも事故車とみなされれば、損害賠償請求まで発展する可能性もあるため、注意しなければなりません。

クレームにならないための対策として、事前に傷や凹みの状態を詳細に伝えるようにし、買い手からの質問には丁寧かつ迅速に回答しましょう。

買い手が名義変更しない可能性もある

代行を利用しないフリマサイトやネットオークションなどの個人間売買では、一般的に買い手が自賠責保険と車両の名義変更の手続きを行います。しかしなかには、買い手が名義変更手続きを怠るケースが存在します。

買い手が名義変更手続きをせずに乗車している場合、交通事故や違反時の責任や自動車税の支払いは売り手側に発生します。

信頼関係のない相手に個人間で売却することには、リスクがあることを覚えておきましょう。

ここまで、オークションのメリット・デメリットを解説してきました。メリット・デメリットを理解したうえで、本当に自身のニーズに合う売却方法かどうかを検討することが必要です。

次の章では、自動車の売却方法に迷った際の決め方を解説します。

オークションと買取業者どっちがいいの?売却先の決め方を紹介

どっち

オークションと買取業者のどちらを利用するのがよいかわからなかったり、迷ったりしている場合は、それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

  オークション 買取業者
メリット ・相場よりも高価で売れる可能性がある
・レアな車なら高額落札の可能性がある
・即時の売却が可能
・面倒な手続きも代行してもらえる
デメリット ・確実に売れる保証はない
・即時の売却が難しい
・トラブルが発生しやすい
・オークションの落札額よりも低くなる可能性がある
向いている人 リスクはあるが希望価格(高価)で売りたい トラブルなく安心して車を売りたい

オークションは、比較的自由に落札金額を決められるため、高値で売却することができる可能性があります。売却したい自動車が希少車の場合は、価値を評価して想定以上の高値が付くこともあるでしょう。

しかし、出品したからといって確実に売れる保証はないため、即時の売却が必須条件だという人には向きません。また、個人向けのオークションを利用する場合は、クレームが入る、名義変更されないといったトラブルが発生するリスクも伴います。

一方、買取業者に依頼すれば、確実に買い取ってもらえます。また、面倒な手続きも代行してもらえるため、煩わしさがありません。ただし、買取価格はオークションの売却価格よりも低めになる可能性があります。

より確実にどちらが得かを判断したい場合は、それぞれに売却した場合の相場価格を調べて比較するとよいでしょう。

買取の相場価格は、ナビクルの買取相場/下取り相場検索ページから確認することができます。

オークションの落札相場価格はオークサポートの中古車相場検索で確認可能です。また、オークション代行業者によっては無料見積もり相談をしてくれるところもあるので活用してみてください。

オークションと買取業者両方の特徴を踏まえたうえで、重視するポイント別に適した売却先をまとめると次のようになります。

売却先の選び方

ここまで、車の売却方法に悩んだときの決め方を紹介しました。次は、実際にオークションで自動車を売る方法や手続きについて説明します。

オークションで車を売る方法と必要な手続き

オークション

オークションで自動車を売却するときの流れは、大きく次の7つの手順に分けられます。

オークション売却の流れ

それぞれの手順について、以下で説明します。

ステップ1:無料相談または査定を申し込む(代行依頼のみ)

オークション代行業者に依頼する人は、インターネットから無料相談の申し込みをしましょう。

⇒おすすめのオークション代行業者はこちら

ステップ2:予想額(査定額)を見積もりする

オークション代行業者に依頼をすると、同時に落札予想額(査定額)を見積もりしてもらえます。

自分で見積もりをする場合は、まずお持ちの車の買取相場価格を調べましょう。買取相場価格を参考に、最低と最高の希望落札価格を設定するのがおすすめです。

お持ちの車の買取相場価格は、車の買取・査定相場/下取り相場ページから検索できます。

ステップ3:希望落札価格を設定しオークションへ出品する

落札予想額や買取相場価格などを参考に、希望落札価格を設定しましょう。

もしも、入札額が最低希望落札価格を超えない場合は、キャンセルまたは再出品となります。その際に必要となるキャンセル料や再出品料などの費用をあらかじめ確認しておきましょう。

ステップ4:落札状況を確認する

出品した自動車の落札状況は、ネットやアプリで確認できるオークションもあります。オークション代行業者に依頼した場合は、直接スタッフに聞くのが良いでしょう。

ステップ5:落札されたら成約する

落札されたことが確認できたら、成約の手続きをします。

個人間で売買する場合は契約書(念書)を作成し、契約を締結しましょう。

ステップ6:買い手へ車と必要書類を引き渡す

契約の完了後、車両本体を自宅からオークション会場または買い手へ引き渡します。オークション代行業者に依頼していれば、代わりに車を運んでくれます。

また、出品時に必要な書類を準備しておき、車と同時に引き渡しましょう。 オークションでの自動車の売却に必要な書類は、以下のとおりです。

出品に必要な書類

  • 申請書
  • 自動車検査証
  • 印鑑登録証明書と実印
  • 自動車自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 譲渡証明書
  • 委任状(※代理人による申請を行う場合)
  • 自動車リサイクル券
  • 住民票、戸籍抄本(※車検証の記載と異なる場合)

ステップ7:口座への代金振込を確認する

口座へ落札代金が振り込まれたことが確認できれば、売却手続きは完了です。 代行業者に依頼する場合は、いつまでに入金されるのか確認しておきましょう。

ここまで、オークションで自動車を売却する際の流れを説明しました。 続いて、おすすめのオークション代行業者を紹介します。

おすすめのオークション代行業者2選を紹介

業者

一般人が業者オークションを利用するためには、オークション代行業者に依頼する必要があります。筆者がおすすめするオークション代行業者は、以下の2社です。

おすすめのオークション代行業者

落札価格によっておすすめの代行業者が異なる理由は、次の表のように落札価格に応じて手数料が変動するためです。

費用 カーオークション.jp オークサポート
代行手数料 落札価格500万円未満:35,000円
落札価格500万円以上:落札額の1%
30,000円
出品料 8,000円~ 9,000円
成約料 8,000円~ 9,000円
陸送費 地域により異なる 地域により異なる
合計費用額 51,000円~(+陸送費) 48,000円(+陸送費)

以下で、それぞれのオークション代行業者について、特徴を紹介します。

カーオークション.jp

カーオークション.jp

出典:カーオークション.jp

カーオークション.jpのサービスの特徴は、代行手数料を「成功報酬」としており、成約しなければ代行手数料を支払わなくてよい点です。再出品する際にも、発生するのは出品手数料のみです。

オプションも充実しており、3年間の保証を付けられるプランや、納車前点検、抹消登録代行などのオプションが用意されています。 また、落札額が150万円未満の場合は、1週間程度で代金が支払われます。

注意しなければならないのは、落札価格によって代行手数料が変動する点です。落札価格が500万円未満では35,000円ですが、500万円以上になると落札額の1%に変わります。

計算例

  • 落札価格 499万円 ⇒ 代行手数料 35,000円
  • 落札価格 500万円 ⇒ 代行手数料 50,000円

つまり、落札額が1万円違うだけで15,000円分損をする可能性があるということです。そのため、カーオークション.jpは、落札予想価格が500万円未満の場合におすすめのサービスです。

オークサポート

オークサポート

出典:オークサポート

オークサポートが提供するサービスの特徴は、オークションで発行される取引明細を利用者に公開している点です。実際に落札された際の明細が確認できるため、安心して利用できます。

また、再出品料が一律9,000円と最も安い点も魅力です。

オークサポートは落札価格が500万円以上と予想される場合や、代行費用をできるだけ抑えたい場合におすすめです。

ここまで、おすすめのオークション代行業者2社を紹介してきました。 ここからは、オークションの形式のひとつである、買取業者を売却先としたオークションサービスについて紹介します。

オークション形式で買取業者に車を売るサービス

オークション

自動車のオークションは対個人への売却が一般的ですが、オークション形式で買取業者に車を売るサービスもあります。

対買取業者のオークションでは、査定を1回だけ行い、査定額を決めて出品します。出品された自動車は、サービスと提携している買取業者が競り合い、購入するという仕組みです。

代表的なオークション形式の車買取サービスは、次の2つです。

オークション形式の車買取サービス

楽天carオークション

楽天carオークション

出典:楽天carオークション

楽天carオークションは、全国の中古車販売店にオークション形式で直接車を売却できるサービスです。オークションは2分間のライブオークション形式で行われます。

成約後の陸送手配や名義変更などの手続きをすべて代行してくれるため、手間なく売却が可能です。また、事前に依頼しておけば名義変更の連絡をしてもらえます。

利用料金は、成約が決まったときに支払う売約手数料22,000円のみです。最低希望落札価格を超えない場合のキャンセル料もかかりません。

ユーカーパック

ユーカーパック

出典:ユーカーパック

ユーカーパックは、最大8,350社以上が参加する国内最大級の車買取オークションです。査定から出品・成約に至るまでサービス利用料や仲介手数料などはかからず、無料で利用できます

個人情報は購入した買取店のみに開示されるため、不特定多数の業者に情報がわたらず安心です。また、ユーカーパックが取引を仲介することで、代金のトラブルを防ぎます。

一括査定サイトから買取業者へ売るのがおすすめ

一括査定サイト

前述したようにオークションには、相場より高く売れる可能性があるものの、取引上のトラブルが発生する危険もあります。そのため、リスクを冒してオークションを利用するよりも、面倒な手続きをすべて代行してくれる買取業者に依頼するのがおすすめです。

とはいえ「できるだけ高く売りたい」というのは、売り手側の多くが望むことではないでしょうか。少しでも高く売りたいという人は、一括査定サイトを利用するとよいでしょう。

一括査定サイトは、一度の申し込みで複数の買取業者に査定を依頼できる仕組みです。そのため、最も高い査定額を提示してくれた業者に売却することができます。

オークションでは、買い手は不確かな情報から落札価格を決定しなければなりません。そのため、価格が思うように上がらない場合もあります。 しかし、一括査定サイトなら、複数の業者が直接車を査定するため、正確な価値にもとづいた価格を付けることが可能です。

一括査定サイトについてより詳しく知りたい人は「一括査定サービスを使って車の高額売却を実現!利用の流れや注意点を紹介」をご参照ください。

複数の優良な買取業者に向けて査定を依頼したいなら、シェアNo.1の一括査定サイト「ナビクル」の利用がおすすめです。

無料一括査定で車を高く売る

まとめ

この記事では、自動車をオークションで売却する方法やメリット・デメリットを紹介しました。

オークションには「高く売れる可能性がある」「営業電話を回避できる」といったメリットがあります。しかし、諸費用が必要となるほか「クレーム」「買い手側の手続きの不備」といったトラブルが発生するリスクもあるため、注意しなければなりません。

特に個人向けオークションはトラブルにあう可能性が高いため、オークションに出品するなら業者オークションへの出品を代行してくれる業者に依頼するとよいでしょう。

また、手間やトラブルなく自動車を高額で売るなら、一括査定サイトを利用するのがおすすめです。シェアNo.1の「ナビクル」を利用して、安全に納得のいく価格で自動車を売却しましょう。

一括査定で複数社の見積りをカンタン比較!
愛車の最高額を今すぐチェック!

フォームステップ1 入力

ビッグモーター オートバックス カーチス カーセブン ネクステージ
シーボーイ ユーポス ラビット オートベル カーズネット

一括査定なら、愛車の査定額が平均17万円もお得に!
申込み後すぐに相場額をお知らせいたします。
※複数社査定されたお客様の、査定最高額と査定最低額の差額平均額を算出
(当社実施アンケートより 2019年2月回答145件)

車種情報入力

45秒入力で、カンタン査定依頼。査定額を比べて、最高額で売ろう!

メーカー名

必須

車種名

必須

年式不明の場合はだいたいでOKです。

必須

走行距離不明の場合はだいたいでOKです。

必須

お客様情報入力

もうすぐ!査定額がわかる!比較して最高額で売ろう!

お名前

姓: 名: 必須

お住まいの地域によって査定額が異なる場合がございます

郵便番号

必須 〒番号検索

住所

郵便番号入力後、住所が自動入力されます  

早めの売却をご予定ですか?(2ヶ月以内)

お客様情報入力

もうすぐ!査定額がわかる!比較して最高額で売ろう!

希望連絡先(電話番号)

必須

いたずら、なりすまし防止のために利用します。正しい番号をご入力ください。

メールアドレス

必須

key icon

当サイトのご利用により、個人情報が許可無く公開されることは一切ございません。

株式会社エイチームライフスタイル

株式会社エイチームライフスタイルは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

フォームステップ2 確認

一括査定なら、平均14万円もお得!

SMS認証

入力内容に問題がなければ
認証コードを入力してください

の電話番号に4桁の数字(認証コード)を送信しました。
携帯電話のメッセージアプリに届いている4桁の数字(認証コード)を
以下のフォームにご入力ください。

認証コード(4ケタ)

電話番号を修正する

※2分以内にSMSが届かない場合、通信エラーの可能性があります。

こちらから再送してください

再送可能まであと

利用規約プライバシーポリシーに同意の上

電話認証

認証が確認できました。

まだ申し込みは完了しておりません。
入力内容に問題がなければ、
「【無料】査定を依頼する」ボタンを
押してください

利用規約プライバシーポリシーに同意の上

査定依頼先

    もうすぐ  の相場がわかる!!

    ???万円

    利用規約プライバシーポリシーに同意の上

    入力情報確認

    車種情報

    メーカー名

    車種名

    年式

    走行距離

    お客様情報

    お名前

    電話番号

    郵便番号

    住所

    早めの売却をご予定ですか?(2ヶ月以内)

    メールアドレス

    キャンペーン

    入力情報を修正する

    利用規約プライバシーポリシーに同意の上

    電話認証

    指定電話番号への発信による認証を行います。
    登録した電話番号から、下記の番号へ電話をおかけください。
    認証完了ガイダンスが流れたら[認証確認]を押してください。
    ※通話料かかります

    認証確認中

    Now Loading...