車買取・車査定

更新日: 2021-06-07

車売却時や買い替え時の「自賠責保険・任意保険」の手続きをケース別に解説

車売却 保険 アイキャッチ画像

 

この記事のポイント

  • 自賠責保険の手続きは売却先にすべて任せてOK
  • 任意保険は等級を引き継げる「中断証明書の発行」がおすすめ
  • 中断証明書を発行するには7等級以上などの条件が必要

車を売却する場合や買い替える場合に忘れてはいけないのが自動車保険の手続きです。車を売却する際に手続きが必要な保険は「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があります。

自賠責保険と任意保険の違いは、加入する義務があるかどうかです。2つの保険で必要な手続きが異なってきます。また売却した後で、車を手放すケースと買い替えるケースでも手続き方法が変わります。

この記事では、それぞれの場合に必要な手続きの流れや必要書類などを詳しく説明しています。ご自身に当てはまるケースを確認して、スムーズに車を売却・買い替えしましょう。

手間不要!車を売るときの自賠責保険の手続きを解説

車を売るときの自賠責保険の手続きを解説

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は、車を購入する際に自動的に加入される自動車保険です。任意保険とは異なり、車を持っている方は必ず加入する義務があります。法律では車検証の有効期限を満たす2年間の加入が義務づけられています。

自賠責保険は「人」ではなく、「車」に対する保険なので、廃車にしない限り解約されることはありません。ただし、保険加入者の名義変更や新しい車の新規加入手続きは必要となります。つまり車を売却する際、解約手続きは不要なものの、自賠責保険は次の所有者まで継続されるため、名義変更の手続きを行わなければいけないということです。

売却したい車に値段が付かず「廃車」となった場合は、自賠責保険の解約ができるようになります。解約手続きについて詳しく知りたい方は「廃車にするなら知っておきたい!自賠責保険の解約手続きを解説」をご覧ください。

では車を売却するにあたり、自賠責保険の名義変更や新規加入などの手続き方法を紹介していきます。

自賠責保険は売却先にすべて任せてOK

車を売却する際に発生する自賠責保険の名義変更手続きは、一般的にディーラーや買取店にすべて任せることができます。車を売却して手放す場合や乗り換える場合も、個人で行う手続きはありません。

新しい車に買い替える場合、新たに加入する必要があります。新規加入手続きは、自賠責保険を扱う損害保険会社の営業所や支店窓口で行います。他にも、車の販売店やディーラー、修理工場なども保険代理店となっているので、加入手続きができます。

ただし、知人や家族から車を譲り受ける際は、個人での名義変更手続きが必要となるので注意しましょう。

自賠責保険に関する手続きは、売却先や購入先の店舗に依頼して任せましょう。では、自賠責保険の名義変更手続きをすると前払いしていた保険料はどうなるのかを解説していきます。

自賠責保険料は手元に戻る

前払いした保険料は、車の売却先によって残りの保険期間分の金額を査定額に上乗せされる場合がほとんどです。基本的に残りの期間分の保険料は、保険会社から直接還付されません。売却先によっては、査定額に未経過分の自賠責保険料が含まれていないこともあるため、上乗せされているかを確認しておきましょう。

ここまで自賠責保険の手続きについて紹介してきました。続いては、自賠責保険とは異なり、自分で手続きを行う必要のある任意保険について解説していきます。

任意保険は自分で手続きを行う必要がある

任意保険は自分で手続きを行う必要がある

任意保険は自賠責保険と異なり、加入義務はありません。自賠責保険だけでは万が一の事故の際に補償が十分に出ないケースが多いため、任意保険への加入が推奨されています。加入は任意のため、自分で手続きを行う必要があるということです。

任意保険は車を買い替える、車を完全に手放してもう乗らないなど、場合によって必要となる手続きが変わります。ケースごとに解説していきますので、ご自身に当てはまる手続きをご覧ください。

任意保険の手続き

次の車に買い替える場合:車両入替の手続きを行う

新しい車に買い替える場合、車両入替の手続きが必要です。車両入替とは、登録していた車両から新たに乗り換える車両へと、保険の対象を変更することをいいます。自賠責保険とは違って、名義は変更せず登録する車両情報のみを変更します。

車両入替を行うことで、買い替え前の保険等級を引き継ぐことができます。車両入替を行わず新規で契約をした場合、再び6等級からスタートします。買い替え前の等級が7以上の場合、等級が高いほど保険料の割引率が上がるので、せっかくの等級をリセットするのはもったいないでしょう。対して、買い替え前の等級が5等級以下の場合、等級はリセットされないため解約手続きをしても意味はありません。

車両入替の手続きを行うにはある条件を満たしている必要があります。次の章で、条件について詳しく紹介していきます。

車両入替の手続きを行える条件

車両入替の手続きを行うには、「所有者」と「用途車種」の条件を満たさなければなりません。 新しく買い替える車の所有者と車種が以下の条件に該当するかを確認しましょう。

所有者の条件

  • 買い替え前の車の所有者
  • 記名被保険者(車を主に運転する人)
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
  • ディーラーやリース会社(※契約期間が1年以上の場合)

用途車種の条件

  • 自家用普通乗用車
  • 自家用小型乗用車
  • 自家用軽四輪乗用車
  • 自家用軽四輪貨物車
  • 自家用小型貨物車
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
  • 特殊用途自動車(キャンピングカー)

一般的に普通自動車、軽自動車といわれる車は、ほとんどが上記に記載した「自家用8車種」条件に該当します。

「所有者」と「用途車種」2つの条件は保険会社によって多少異なるため加入する際に確認しておきましょう。車両入替ができる条件に該当しているか確認ができたら、続いては手続きの流れを紹介していきます。

車両入替の手続きの流れ

車両入替の手続きの流れは、たったの3ステップです。任意保険の名義変更はせず、車両情報のみを変更しましょう。

車両入替の手順

  • ステップ1:次の車の納車日を決める
  • ステップ2:新しい車の車検証を準備する
  • ステップ3:保険会社に連絡をする

車両入替の手続きは納車前に行いましょう。納車前に手続きをすることで、納車初日から保険が適応されるようになります。車両入替には期限があるため、なるべく早めの手続きをしましょう。申請期間は保険会社によって異なるため、事前の確認が必要です。

購入先から車検証のコピーを貰い、保険会社もしくは代理店に郵送などで送ります。保険会社によっては、インターネットのみで手続きを完了させることもできます。

車を売却して、新しい車に買い替える場合は、納車日が決まり次第、紹介した手順で車両入替をしておきましょう。続いては、車を手放して乗らない場合の手続きも紹介していきます。

車を手放して乗らない場合:中断証明書の発行がおすすめ

結論、10年以内にもう一度車に乗る可能性があるという人は、解約よりも契約中断の手続きをしておくのがおすすめです。任意保険の中断は、契約を10年間ほど一時休止することができ、中断時と同じ等級から契約を再開することが可能です。

対して任意保険の解約は、一度行ってしまうと、等級はリセットされて6等級からのスタートになってしまいます。ですので、解約は今後一切車に乗らないという方のみすべき対応です。

中断手続きを行うには中断証明書の発行が必要です。中断証明書の発行や保持に費用はかかりません。任意保険の再契約時に、中断証明書の有無で以下のように再開時の等級が変わります。

任意保険を再契約する場合

  • 中断証明書なし・・・6等級からスタート
  • 中断証明書あり・・・割引率の高い中断時の等級から再開

任意保険の等級は1等級から20等級まであり、1年ごとに1等級ずつ上がり、それに比例して保険料の割引率も高くなります。保険会社によりますが、10年ほど等級を保存しておくことができるため、中断証明書を発行しておくのをおすすめします。

任意保険の等級と保険料の関係

しかし、中断証明書は誰でも発行できるというわけではありません。発行できる条件を紹介していきます。

中断証明書発行には条件がある

等級を保存したまま、契約を一時休止できる「中断証明書」の発行には、条件があります。中断証明書を発行できるのは、以下のような方です。

中断証明書発行の条件3つ

  • 中断時の等級が7等級以上である
  • 中断日までに売却・廃車の手続きが完了している
  • 盗難、災害、車検切れなどの理由で契約車両に乗れない

中断時の等級が5等級以下の方は中断証明書を発行できないケースがほとんどです。中断証明書は一定期間内に発行申請をする必要があります。条件や発行申請期間の詳細は、各保険会社によって異なる場合がありますので、一度契約している保険会社へ確認してみてください。

条件が確認できたら、次は発行の流れと必要書類を紹介していきます。

中断証明書発行の流れと必要書類

中断証明書発行の条件を満たしている方は、以下の手続きの流れに沿い、証明書を発行してもらいましょう。

中断証明書発行の流れ

  • ステップ1:車を売却する
  • ステップ2:売却先に譲渡証明書を発行してもらう
  • ステップ3:必要書類を用意する
  • ステップ4:保険会社に発行を依頼し受け取る

中断証明書を発行するのに、譲渡証明書と保険証書が必要になります。譲渡証明書に関しては、車の売却先に発行してもらい忘れず受け取りましょう。

用意するべき書類は、保険会社ごとに異なる可能性があります。必要書類を揃える前に確認しておきましょう。以下では、譲渡証明書の他に、一般的に必要となる書類を紹介します。

中断証明書発行に必要な書類

  • 譲渡前後の車検証コピー
  • 登録事項等証明書(普通自動車の場合)
  • 検査記録事項等証明書(軽自動車の場合)
  • 売買契約書のコピー
  • 保険証券

登録事項等証明書は自動車の登録内容が記載されており、登録証明とも呼ばれます。また、検査記録事項等証明書には、現在証明と詳細証明があり所有者のみが申請・交付することが可能です。

これらの必要書類を用意した後、保険会社に中断証明書の発行を依頼します。すると、中断証明書取得依頼書が送られてきますので、必要書類を入れて郵送しましょう。郵送後、1~3週間ほどで中断証明書を受け取ることができます

ここまで、任意保険の中断証明書の発行手続きや必要書類について説明してきました。任意保険の手続きは、10年間ほど一時休止しても再開するときに等級を引き継ぐことができるため、解約よりも中断証明書発行をしておいた方が良いでしょう

まとめ

車を売却する際に必要な自賠責保険と任意保険の手続きをケース別に紹介してきました。自賠責保険は加入義務があるため、売却先に手続きをすべて任せることができます。ただし、未経過分の保険料が査定額に上乗せされているかを忘れず確認しておきましょう。

任意保険は今後一切車に乗らないという方以外は、再開時に等級が引き継げる中断証明書を発行しておくのがおすすめです。中断証明書の発行には一定の条件があるため、ご自身が条件を満たしているのかを事前に把握しておきましょう。

この記事を参考にして、少しでもスムーズな保険手続きができるようになる助けになれば幸いです。

  • 公開日: 2021-06-07

一括査定で複数社の見積りをカンタン比較!
愛車の最高額を今すぐチェック!

フォームステップ1 入力

ビッグモーター オートバックス カーチス カーセブン ネクステージ
シーボーイ ユーポス ラビット オートベル カーズネット

一括査定なら、愛車の査定額が平均17万円もお得に!
申込み後すぐに相場額をお知らせいたします。
※複数社査定されたお客様の、査定最高額と査定最低額の差額平均額を算出
(当社実施アンケートより 2019年2月回答145件)

車種情報入力

45秒入力で、カンタン査定依頼。査定額を比べて、最高額で売ろう!

メーカー名

必須

車種名

必須

年式不明の場合はだいたいでOKです。

必須

走行距離不明の場合はだいたいでOKです。

必須

お客様情報入力

もうすぐ!査定額がわかる!比較して最高額で売ろう!

お名前

姓: 名: 必須

お住まいの地域によって査定額が異なる場合がございます

郵便番号

必須 〒番号検索

住所

郵便番号入力後、住所が自動入力されます  

早めの売却をご予定ですか?(2ヶ月以内)

お客様情報入力

もうすぐ!査定額がわかる!比較して最高額で売ろう!

希望連絡先(電話番号)

必須

いたずら、なりすまし防止のために利用します。正しい番号をご入力ください。

メールアドレス

必須

key icon

当サイトのご利用により、個人情報が許可無く公開されることは一切ございません。

株式会社エイチームライフスタイル

株式会社エイチームライフスタイルは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

フォームステップ2 確認

一括査定なら、平均14万円もお得!

SMS認証

入力内容に問題がなければ
認証コードを入力してください

の電話番号に4桁の数字(認証コード)を送信しました。
携帯電話のメッセージアプリに届いている4桁の数字(認証コード)を
以下のフォームにご入力ください。

認証コード(4ケタ)

電話番号を修正する

※2分以内にSMSが届かない場合、通信エラーの可能性があります。

こちらから再送してください

再送可能まであと

利用規約プライバシーポリシーに同意の上

電話認証

認証が確認できました。

まだ申し込みは完了しておりません。
入力内容に問題がなければ、
「【無料】査定を依頼する」ボタンを
押してください

利用規約プライバシーポリシーに同意の上

査定依頼先

    ※の表示がある査定依頼先は、店舗での査定のみ対応しております

    もうすぐ  の相場がわかる!!

    ???万円

    利用規約プライバシーポリシーに同意の上

    入力情報確認

    車種情報

    メーカー名

    車種名

    年式

    走行距離

    お客様情報

    お名前

    電話番号

    郵便番号

    住所

    早めの売却をご予定ですか?(2ヶ月以内)

    メールアドレス

    キャンペーン

    入力情報を修正する

    利用規約プライバシーポリシーに同意の上

    電話認証

    指定電話番号への発信による認証を行います。
    登録した電話番号から、下記の番号へ電話をおかけください。
    認証完了ガイダンスが流れたら[認証確認]を押してください。
    ※通話料かかります

    認証確認中

    Now Loading...