2015

2

Jun

車査定の基礎知識

車買取りと下取りの違いについて徹底解説

カンタンにまとめると!

  • 車査定には「買取り」と「下取り」の2種類がある
  • 車買取り:中古車の販売店や買取専門店に買い取ってもらうこと
  • 車下取り:次の車を購入代金を割り引く為に引き取ってもらうこと

車選びと同じく、査定選びも重要!

車選びと同じく、査定選びも重要!

愛車を売却するとき、最初のステップとなるのが査定依頼。しかし、どこの買取業者に依頼しても、同じ査定額になるというわけではありません。そして、査定にも色々種類があります。

大切に乗ってきた愛車だからこそ、納得のいく査定をしてもらいたいもの。初めてでもわかりやすい査定の方法についてご紹介します。

事前に知っておきたい、2種類の査定方法

事前に知っておきたい、2種類の査定方法

車の査定には、「買取り」と「下取り」という方法があります。中古車買取店や中古車販売店が行っているのが買取、新車ディーラーや中古車ディーラーが行っているのが下取りです。

それらの違いをまとめると、以下となります。

・「買取り」:中古車買取店に車を売却すること。車の年数や走行距離等といった車の状態、グレード、現在の相場などから、査定額が決まる。

・「下取り」:ディーラーで新車や中古車を購入する際に、車を買い取ってもうらこと。買取のようなチェックポイントで査定する場合もありますが、キャンペーンなどで査定額が決まる場合もあります。

つまり、買取りと下取りでは基準が異なる可能性があり、査定額が大きく異なる場合があります。

買い替え目的で高く査定してもらうためには?

買い替え目的で高く査定してもらうためには?

さて、買い替えが目的であれば、あらたに欲しい車種を販売しているディーラーに下取りを頼むのが一般的。しかし、ディーラーの査定はそのときどきで変わるので、必ずしも納得のいく査定額が出るとは限りません。そんなときは、自分の車の価値を調べてみることをオススメします。

中古車買取店や中古車販売店の査定は、ある程度相場が決まっています。しかし、店舗によって、スポーツカーやSUV、ジープ、アメ車などと、特定の車種の買取や販売を、積極的に行っているところでは、独自の査定基準を導入している場合が多く、高い査定額を望める可能性がぐんと高くなります。ディーラーだけの下取りに心配を感じるようであれば、ぜひ、車買取店での査定を依頼してみてください。

複数の査定で比較検討するのが、売り上手への道!

複数の査定で比較検討するのが、売り上手への道!

車を高く売りたいと思う人が多いと思います。車を高く売って、新車の頭金にしたい・・・、そんなときに役立つのが「相見積り(あいみつもり)」です。

相見積りとは、数社の店舗に査定を依頼して、その見積額から売却先を選ぶこと。「何社も査定してもらうのは大変そう」と、感じる人もいるでしょうが、ときには数十万円の差がひらく場合も。また、査定依頼時に複数査定で売却を検討していると伝えることで、査定結果が有利に働くこともあります。
便利な一括査定サービスもありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

完全無料 45秒のカンタン入力一括査定を申し込む