2015

10

Jun

車査定の基礎知識

車査定のプロフェッショナル「査定士」とは?

カンタンにまとめると!

  • 車を査定してくれるのは「査定士」という専門資格を持っている人
  • 査定士は査定のプロだけど、査定士により査定額は異なる
  • 査定額は査定士だけの要因では決められない

車の査定をしてくれるのはどんな人?

車の査定をしてくれるのはどんな人?

一体、どのような基準で車の査定が行われているのか気になる人も多いのではないでしょうか。また、誰がどのように査定をしているのかを知っている人は少ないのではないでしょうか。

車の査定をする人・・・それは、大半が「査定士」という資格を持っている人たちです。

車査定のプロフェッショナル「査定士」とは

車査定のプロフェッショナル「査定士」

査定士は国家資格ではありませんが、中古自動車査定制度という運営規定に基づき、(一財)日本自動車査定協会が、交付している資格です。

自動車販売・整備の経験を半年以上積んだ人が対象となり、技能検定試験をパスすると、「中古車査定士」を取得することができます。

一度取得してしまえば、ずっと通用する資格ではなく、3年ごとに査定協会が実施する技能向上研修を受講しなければいけません。また、ディーラーや中古車販売店、買取店などで勤務している必要もあります。

ディーラーや中古車販売店など、販売会社で働くセールスマンや、買取専門店で働く買取スタッフは、ほぼ資格を取得した査定士。つまり、車の査定は、査定のプロフェッショナルが行っているのです。

査定士の査定は、どの店舗も同じ額なの?

査定士の査定は、どの店舗も同じ額なの?

車の査定は、共通の資格を持つ査定のプロによって行われていると聞くと、「裏を返せば、どの店舗で査定依頼をしても査定価格は同じということ?」と、感じてしまいますが、実はそうではありません。では、なぜ同じ車を持っていっても査定額に違いが出るのでしょうか。

それは、車の査定額は査定士だけで決められるものではなく、世間の状況、会社の状況、車の需要と供給のバランスで決まるからです。

査定額は、査定士だけが決めるわけじゃない!?

査定額は、査定士だけが決めるわけじゃない!?

ここまでで査定の仕組みが明らかになりました。しかし、その仕組みを支えているのは査定士だけではありません。もっと言えば、査定額は査定士が決めるとは限らないのです。

査定士は査定のプロと前述しましたが、値引き競争が激化している車販売業界では、一人でも多くの顧客を掴んでいかなければいけません。そういった環境の中では、ときに資格で得た知識よりも、会社全体の経験則での判断が有効な場合があります。なので、だいたいの会社が、査定士とは別に査定の専門部署を設けています。専門部署は、査定士のチェックした査定額を、市場動向や自社の販売ネットワークなどで精査して、最終的に価格を設定するのが仕事です。

なので、査定士は「査定の入り口」と言っても過言ではないでしょう。だからこそ、それぞれの会社の買取や下取りには、さまざまなカラーが生まれるのです。高い価格での査定を望むときは、相見積りがオススメです。

完全無料 45秒のカンタン入力一括査定を申し込む