2015

5

Oct

車を高く売る方法

輸入車の査定に強い業者を見つけ出すためには?

カンタンにまとめると!

  • 日本国内の新車販売における輸入車の比率は5%~7%と低く小さな市場
  • 輸入車を高く売るには、輸入車専門業者に買い取って貰うとよい
  • 輸入車専門業者の数は少ないのでインターネットの一括査定が便利

輸入車の査定に強い業者を見つける

輸入車の査定に強い業者を見つける

高級外車として知られるベンツやBMWなどの輸入車は、一般的な中古車買取業者に査定を依頼すると驚くほど安い価格を付けられてしまう可能性があります。

輸入車はファミリーカーなどの大衆車と違い、売れにくいためです。

しかし、これはあくまで一般的な買取業者の話で、ほかにも輸入車を適正価格で売る方法があります。

日本における輸入車の市場

2013年、日本カーオブザイヤーにフォルクスワーゲンのゴルフが選ばれましたが、輸入車の受賞は30年以上続く同賞において、史上初の出来事でした。これを意外だと思われる方も多いかもしれません。

実は、日本国内の新車販売における輸入車の比率は5%~7%と、中古車の流通比率と同程度の小さな市場となっています。

さらにその内の約6割を、メルセデスベンツやフォルクスワーゲン、アウディ、BMW等のドイツ勢が占めています

つまり、ドイツ以外の輸入車だった場合は、買いたいと思う人を見つけるだけでも一苦労というわけです。

このような小さな市場の事をニッチ市場と言いますが、ニッチ市場は通常の市場と違い、独自の戦略やノウハウが必要です。

輸入車を通常の市場に出しても、適正価格が付かず損をしてしまうのはこのためです。

一般的な中古車査定では、輸入車は安くなる?

中古車販売業者の目線で、輸入車がどういう扱いか考えてみましょう。

車というのは置いておくだけでもスペースを取りますし、メンテナンスなどの維持費も必要です。つまり中古車販売業者にとっては、仕入れた車はできるだけ早く売りたいわけです。

そのため、人気のあるミニバンやエコカーなら、中古車であっても買い手が付きやすいので、高値で買い取ってもたくさん売れば利益は出ます。

しかし、ニッチ商品である輸入車の場合はどうでしょうか。

仮に適正価格で輸入車を買い取り、店頭に並べていても、欲しいと思う人自体が少ないため、なかなか売れません。

いつまでも置いておくわけにもいきませんので、販売価格を下げてでも早めに売ってしまいます。中古車販売業者はそれが判っているため、輸入車を買い取る時も必然的に安くなってしまうというわけです。

輸入車の査定は輸入車専門店に

そんな輸入車でも、高く売る方法があります。それは、輸入車を専門に取り扱っているお店に買い取って貰うという方法です。

輸入車専門店であれば、輸入車の知識やノウハウを持っているため、正当な価格で査定を行ってくれる確率が高いです。

また、専門店であるがゆえに、輸入車を欲しがる顧客が集まる場所でもあるので、一般的な中古車販売業者のように、輸入車を欲しい人を探す必要はありません。

反対に、商品である中古の輸入車自体が足りていない場合も多く、買いたいという顧客がすでに居るというようなケースであれば、査定額が高くなります。

ニッチ商品である輸入車は、ニッチ商品専門のお店に任せることが査定で損をしないコツというわけです。

成功のカギは専門店を見つけられるかどうか

「輸入車を売るなら専門店へ」とは言いましたが、やはり一番の問題は、数少ない専門店を探せるかどうかです。

専門店というだけあって、近くを走れば見つかるような中古車販売のチェーン店とは違い、探すだけでも大変です。特に、時間的制約や地理的制約があるユーザーにとっては負担が大きいでしょう。

そんな時に便利なのが、インターネット一括査定のサービスです。

インターネットを通じて全国にあるお店が一斉に査定を行いますので、素早く簡単に査定を行うことができ、輸入車専門店も見つけやすいです。

その中に指定の車種を欲しがる顧客を持つ店舗があれば、高額で売ることができるかもしれません。

完全無料 さっそく、一括査定を申し込む