カンタンにまとめると!

  • 「ゼロ円査定の無料廃車」を持ちだす業者には安易に応じない
  • 初めからマイナスポイントを突いてくる業者は、おすすめできない
  • JADRIの一括査定サイトでは、各社競っての高額査定も可能

さぁ、いよいよ査定!でも気をつけて!

車査定の悪徳業者の見抜き方

車を売却したいとき誰もが通るプロセス、それが『査定』です。しかし残念なことに、全国多数ある車の買取業者の中には、少数ではありますが悪質な業者も存在しています。一見、親切に思える対応にまんまと騙されないよう、悪徳業者にありがちな営業方法を知っておきましょう。

「査定額ゼロ」には要注意!

走行距離や年式、ダメージによっては、査定を依頼してもほぼ価値がないという結果が出ることもあります。

実際、廃車を検討することになった際に「買取はできませんが、せめてものご縁で、本来かかる廃車手数料をタダでお引き取りしますよ」というトークをされ「それはありがたい…お願いします!」なんて決めてしまう人も。しかし、その裏で転売されていたというケースもあるようです。

また、実際に販売が出来ず廃車にするしかない車だとしても、宝の山といっていいほど価値のある部品がいくつもあり、解体し部品として再び流通させることも十分可能。したがって、中古車として価値のない車でも、買取する価値は0%ではないはずです。「ゼロ円査定の無料廃車」を持ちだす業者には安易に応じないよう気をつけましょう。

マイナス面だけを主張してくる業者

「年式が…」「走行距離が…」「内装のダメージが…」と、車のマイナスポイントばかりを主張する業者も中にはいます。特に車に詳しくない人などに対して、納得せざるを得ない話しぶりで安い買取価格で契約させようとしてきます。

買取業者の中には、あからさまな減点法で査定するのではなく、プラスポイントを探してゆく加点法という方向性で査定をおこなう業者も存在します。初めからマイナスポイントを突いてくる業者は、おすすめできる業者とは言えません

また、インターネットがあれば、各車種の買取価格のおおまかな相場を簡単に調べることができます。もちろん車の状態によってはその相場より下がることもあり得ますが、なにより無知な状態で悪質業者の話に乗らないようにするためにも、相場の把握はしておくべき最低限の自衛策と言えます。

山のような情報からしっかりと見極める目を

インターネットの普及によってこれだけ多くの情報が飛び交う時代です。多かれ少なかれ悪い評判が出てくるということは、やはりそれなりの根拠があってのことと考えられるのではないでしょうか。

検索欄に業者名と「評判」「悪評」などと入れて検索すると、さまざまなトラブル事例や個人の経験談などがヒットすることがあります。「ネットでの評判こそあてにならない」という考え方もありますが、内容によっては、ある程度の信ぴょう性を感じずにはいられないものも存在しています。

その情報をどう捉え、どう判断するかはその人次第ではありますが、あふれる情報の中から有益な情報をしっかりと見極めていくことも、後悔しないために大切なことと言えるでしょう。

「JADRI」を知っていますか?

JADRI(一般社団法人 日本自動車流通研究所)は、ユーザーにとって価値ある情報を提供し続けることや、優れた事業者のみを会員とすることにより、中古車流通業界の質向上に貢献することを目的に設立された機関です。2015年1月の時点で58社が参画しています。

JADRIの一括査定サイトでは、各社競っての高額査定も可能です。JADRIに登録されていない業者が優良でないというわけでは決してありませんが、安心して一括査定を申し込むことができるひとつの目安としてみてはいかがでしょう。

また、JADRIでは「中古車買取トラブルセンター」を設置しており、中古車買取に関する苦情や困りごとを受け付けていますので気になることがあったときにも便利です。