カンタンにまとめると!

  • 買取後、査定士が再度チェックした際に事故歴や傷が見つかると再査定の対象となる
  • 正直に事故歴や傷を申告していた場合、契約の破棄や減額を認める必要はない
  • 再査定で業者とトラブルに直面した場合は、消費者生活センターに相談する

買取査定後に減額?!トラブルを回避するには?

車査定のトラブル、再査定とは?

中古車買取サービスは便利なのものですが、査定には時にトラブルが起こることがあります。事故歴、修理歴など無いのにも関わらず、中古車買取業者によって引取後に再査定が行われ、最初の査定金額より減額されてしまうケースがあります。

このような査定トラブルに直面したとき、どのように対処すればよいのでしょうか。

再査定とはなんのこと?

再査定とは車に買取時、契約後に行われる二重査定のことを言います。

通常中古車の買い取りは車の事故歴、傷、メーター戻しなどを査定士がチェックし、自動車買取の値段をつけます。買取後、査定士が再度車をチェックした際に「事故歴・傷」などを見つけてしまうと再査定の対象となり、最初の査定よりも車両価格が減額されてしまうことがあります。

通常は再査定で「事故歴・修復歴」を見つけたとしても、査定士でも見つけられなかったとして減額されないのが一般的です。

しかし、業者によっては初めは高い値段で買取査定を行い再査定で減額をするという手法の業者も存在するので注意が必要です。

また再査定で車両価格が減額され、キャンセルを希望した場合もキャンセル料・違約金が発生する可能性もあります。

再査定が行われた時はどうしたらよい?

再査定が行われた場合、売却者が故意に事故歴やメーター戻しを隠蔽していたことが原因であれば、車を売却した側が責任を取らなければなりません。

しかし、車の売却した側が正直に事故歴や傷を申告していた場合、売却側が知りえない「修復歴・傷」に関しては庇護責任には当たらないので責任を取る必要はありません。ですから、契約後の車両の瑕疵を理由にした契約の破棄や減額を認める必要はありません。

仮に業者が再査定を行った際でも、「事故歴・修復歴」などを正直に申告していれば、業者は瑕疵担保責任を求めることはできないので、減額や契約解除は無効になります。

また契約に基づいて、キャンセル料の請求をされた場合も受け入れる必要はありません。減額の打診をされても毅然とした態度で業者に対応しましょう。

業者との話がまとまらない場合は消費者生活センターへ相談!

再査定で減額やキャンセル料の支払いなどのトラブルに直面した場合、消費者生活センターに相談を行ってください。

消費者生活センターに相談する際は、事故歴やキズの証明書を中古車買取業者に発行してもらう必要があります。その証明書を元に消費者生活センターに相談することで解決を図ることができます。

また中古車買取業者が大手の場合、本社に店舗と査定担当者の名前をつけて苦情を入れることも効果的です。その際、自動車の売却者が故意的に事故歴やメーター戻しを行っていたと判明した場合は売却者に『瑕疵担保責任』が伴いますので、減額やキャンセル料の支払いに応じなければなりません。中古車を売却する際には、正直に車両の状態、事故歴などを申告するようにしましょう。

再査定のようなトラブルを事前に防ぐためには?

再査定によるトラブルを事前に回避するために大切なことは、

■査定士に事故歴、傷、修復歴など都合の悪いことも正直に申告する。

■契約後のキャンセルができるのかを確認し、買取の評判の良い業者に依頼する。

■JADRI(日本自動車流通研究所)に登録されている買取業者で査定を行う

などです。

JADRI(日本自動車流通研究所)に登録されている買取業者は再査定が禁止されているので、再査定が行われる心配がなく、安心して一括査定を行うことができます。

また複数の買取業者に自動車の査定をしてもらい、問題がないか調べ売却する方法も有効な手段です。

再査定トラブルに直面しても、事故歴、修復歴などを正直に申告し、毅然な態度で中古車買取業者に対応することが最も大切です。