軽自動車をネットで高く売る際の注意点

軽自動車を高く売却するには、ネットの一括査定が最適です。それには以下のような2つの理由があります。

  • ディーラー下取りの落し穴
  • 複数の会社に一括見積もりが可能

それでは、この2点について詳しくご紹介いたします。

ディーラー下取りは避ける

軽自動車を売却する場合、ディーラー下取りに出すと損してしまう可能性があります。それでは、なぜ下取りに出すと損をしてしまうのでしょうか? それには、下取りと買取の仕組みの違いが関係しています。

買取の仕組み

クルマの買取とは、今乗っているクルマを売って現金を受取ることを指します。買取価格は中古車オークションの相場を基に決められており、1年を通して上がったり、下がったりを繰り返しています。高額査定を実現するには査定が上がるタイミングを見計らって査定に出す必要があります。

下取りの仕組み

下取りとは、今乗っているクルマを次のクルマを購入する販売店で売却し、そのお金を購入資金に充てることを指します。相場は下取り価格基本表を基にしており、中古車市場の相場とは異なった査定が行われます。

査定の基準

買取と下取りでは、価格が決定する際の基準が異なります。買取の場合は、オークションで相場が決まるため、価格は常に変動します。下取りの場合は、中古車市場とは関係のない下取り価格基本表を基準に相場が決まります。あまり変動がなく相場が安定しているため、高額査定はあまり期待できません。

価値が落ちにくい軽自動車

軽自動車は、あらゆる車種の中でも値落ちが少ない車種です。購入から6年、走行距離が5万キロを越えたクルマでも、90万円以上の値がつくこともあります。このことから、軽自動車は中古車市場で非常に人気の高いクルマであることがわかります。 コンパクトカーなら3年経過すると購入金額の半分まで価格が下がることもありますが、軽自動車なら高値が維持されます。

このように、下取りと買取の仕組み、軽自動車の市場価値から考えると、軽自動車を下取りで売却すると大きな損をしてしまう可能性があります。 愛車を少しでも高く売りたいとお考えの方は、ぜひ買取サービスをご利用ください。

ネットの一括査定で査定アップ

買取査定額をアップするには、インターネットの一括査定サイトを利用するのが一番です。

軽自動車の相場を掴んでおくこと

買取相場の基準を知らなければ、提示された査定額が高いのか低いのかを判断することができません。そのため、ネットの一括査定サイトを使う前に、自分のクルマの買取相場がいくらなのかを確認しておきましょう。

便利で簡単な一括査定

一括査定サイトの一番の魅力は、短時間で複数の業者からの査定を確認できるという点です。最大で10社の査定額を確認することができます。 つまり、一度の入力で10社の査定額を比較して最も高い査定額を提示した業者を選ぶことが可能です。

業者によって査定額は全く異なる

中古車市場の基本相場は、一つの判断基準にしか過ぎません。その金額を増額するか減額するかは業者がクルマのどのポイントをみて査定するかによって異なります。そのため、業者によって査定額は10万円以上も開きがあることもあります。だからこそ、より高い金額で売却するにはできるだけ多くの業者に査定を頼み、金額を比較する必要があります。

ネットの一括査定を使って買取サービスで売却すれば、軽自動車を高く売れる可能性が高くなります。現在、軽自動車の売却を検討中の方はネットの一括査定サイトをぜひご利用ください。