増税後、車の売れ行きは?

増税前と増税後

2014年4月1日から、消費税はそれまでの5%から8%にアップしました。

1997年に3%から5%に上がって以来の、実に14年ぶりの増税です。消費税を5%で考える癖が付いてしまっていて、表示された金額が予想していた金額よりも多くて戸惑っている人も多いのではないでしょうか。

消費税は、商品を購入する人が平等に負担する税金であるため公平ですが、逆に言えばどんな人でも負担に感じてしまうものです。商品の売値に対して倍率でかかってくるものなので、元の金額が高いものほど消費税増税は重くのしかかってきます。

金額が大きい物として、車の購入が挙げられるでしょう。

消費税の増税に合わせて、2014年4月1日までに車を購入しようという、いわゆる「駆け込み購入」が行われました。

例えば1,000万円の車を購入するとして、増税前であれば消費税で50万円かかるところを、増税後では80万円必要になります。

たった1日違うだけで30万円も支出が増えるとなれば、出来るだけ安い時期に、つまり増税前に買っておこうと考える人が多いのは当然と言えるでしょう。

増税前の駆け込み購入の頻発によって、車の販売数は一時的に急増したと言います。

では、増税後の現在、車の売れ行きはどうなっているのでしょうか?

駆け込み需要とその後

増税前における駆け込み需要は、一時的に車の販売台数を促進させました。

しかしそれはあくまでも一時的なものでしかなく、駆け込み購入が収まった増税直後では却って販売台数が急落する事態となりました。

もともと車の購入時期を伺っていた人にとっては、駆け込み需要は良い機会だったでしょう。そういった人がこぞって車販売の店舗に足を運んだことで、車の販売台数が促進されたとも言えます。

しかし、増税前に車を購入しようと考えていた人がこぞって購入してしまったために、増税後は車を購入する意欲が高い人がほとんどいなくなってしまい、販売台数の急落を招いたのです。

そしてさらに、一般的な消費者の意見としては、わざわざ費用が高く付く増税後になってから購入しようとは思えない、という傾向が強いはずです。

結果的に、増税直後の2014年4月2日以降は、あまり車が売れない時期が続いています。

中古車市場の需要増

増税後、全体的に車の販売台数は伸び悩むようになりましたが、一転して需要が高まってきているのが中古車市場です。

中古車であれば新車ほど購入にかかる費用は高くなく、消費税増税の影響も抑えられるためです。

そのため、増税後に車が必要になった人は、新車ではなく中古車を求める傾向が強いと考えられます。

さらに、新車の購入と中古車の購入では、消費税以外の税金のかかり方も異なってきます。

自動車の購入に必要な税金は、消費税の他に自動車取得税や自動車重量税、自動車取得税などがあります。

自動車の購入に必要な費用に対してかけられる自動車取得税は、税金と同じく元の金額が高いほど多くの税金が必要になります。

そのためやはり、購入金額が新車よりも安い中古車を購入したほうが、自動車取得税の面においても得をする結果になるのです。

中古車買取も高騰

中古車市場が盛り上がることによって、中古車の販売だけでなく中古車の買取需要も高まってきています。

中古車販売業者にとっては、中古車の売れ行きが伸びる絶好の機会であり、中古車の買取にも精力的になっていることが考えられます。

そのため、普段よりも車の買取金額が高くなりやすく、車を手放したいと考えている人にとっても絶好の機会であると言えます。

平時であれば、中古車市場に在庫が多かったり、状態の査定で厳しい判断がされるような車でも、増税直後のタイミングであれば高額の買取金額を狙うことが出来るかも知れません。

そのため、車を買取に出したいと考えている人は出来るだけ早く買取業者に持ち込むことをオススメします。

増税による中古車市場の高騰は、いつまでも続くわけではありません。この機会を逃さず、最高のタイミングで車を手放しましょう。

さらなる増税も…

政府発表によれば、2015年度に現在の消費税8%から、さらに2%アップした消費税10%にすることが検討されています。

まだ増税が決定したわけではありませんが、国の経済事情等から勘案すると、非常に高い確率で消費税が引き上げられることが想定されます。

増税となったら、2014年4月以前と以降に見られた消費者動向が再び繰り返されると予想されます。

増税の時期を境として、駆け込み購入による販売台数の促進と、駆け込み需要のストップによる販売台数の急落が起こるでしょう。

そしてその後は、やはり中古車市場の需要が高騰することが見込まれます。

同様に、中古車販売だけでなく中古車買取の人気も高まるでしょう。

今すぐに車を手放すことが難しい、という事情がある人でも、次の増税後というチャンスはあります。

いずれにせよ、車を買取に出すにはタイミングが重要で、増税後というのは中古車買取を希望する人にとってはまさにベストタイミングです。

その時期を見逃さないようにして、お得な金額で中古車を買取してもらいましょう。