年度末に中古車相場は下がる?上がる?

決算時期の中古車市場

決算時期となる年度末。新車市場では大幅な値下げなどが実施され、お得に新車を購入することができます。そのため、年度末には中古車市場の相場も下がるとお考えの方も多いかもしれません。

しかし、それは大きな間違いです。新車市場の相場が下がるからといって、中古車市場の相場も同様に下がるとは限りません。

そもそも、なぜ決算時期に新車市場の相場が安くなるのかをご存知でしょうか?

決算時期に新車が安くなる理由としては、各自動車メーカーの慣習が大きく関係しています。各自動車メーカーでは、3月決算を採用しています。

そのため、毎年決算時期になると、販売会社が決算対策を行い自動車メーカーの報奨金を増やし、売上を上げようとします。 それにより、この時期の新車市場の売上は1年間においてトップを記録することが多くあります。こうして、多くのユーザーが新車を購入することになります。

すると、車検の更新などを機に新車を購入しようとするユーザーによって、中古車市場に中古車が急増することになります。中古車市場は供給で溢れかえり、さらには学生の卒業や就職などの影響も受けて繁忙期に入ります。そのため選択肢が多く、好みの車や状態の良い車は多くなりますが、季節の影響によって需要も高まることから、需要と供給のバランスがとれ、相場を下げる必要がなくなります。

中古車を買うのに適した時期とは?

では、中古車市場の相場が下がるのは、一体いつなのでしょうか?

相場が下がる時期として、人が車を買わない時期が挙げられます。

飛ぶように中古車が売れる2月3月の繁忙期を過ぎると、中古車市場の需要は徐々に落ちていきます。この4月や5月の時期こそ、中古車市場の相場が安くなる時期です。

この時期には中古車の価格が一気に下がり、お得に中古車を購入することができます。

また、中古車の需要が下がる7月や12月のボーナス月や、ボーナス後の1月も中古車をお得に購入できる時期といえます。

中古車の売れない時期は、中古車が安くなる時期

前項でお気付きの方もいると思いますが、中古車の相場が下がる時期は、中古車が売れない時期です。

中古車を買う人が少ない時期は、必然的に中古車の売れ行きが悪くなります。その結果、中古車業者は値段を下げるしか中古車を売ることができないため、仕方なく相場を下げます。

結果、通常よりも安価に中古車を購入できるというわけです。

時期を待ちすぎてもダメ

中古車の価格は、常に変動します。また、中古車市場は常に動いています。 そのため、「少しでも安く購入しよう」とタイミングを伺いすぎてしまえば、状態の悪い車しか売れ残っていなかったり、欲しい車の価格が上がってしまったりすることもあります。

中古車市場には、常に状態の良い理想的な車があるとは限りません。良い車を安価に購入するためにも、市場に対して常にアンテナを張っておくことが重要です。

タイプ別による中古車のお買い得時期

中古車市場の相場は、車のタイプによっても変動することをご存知でしょうか?たとえば、オープンカータイプの車の相場は3月から5月にかけて高くなる傾向があります。

これは、オープンカータイプの車の需要が3月から5月の春の季節に関係して高くなることが要因となっています。同様に、夏休み前にはアウトドアに適したワンボックスカーやSUVの需要が高くなり、冬は雪道を走る車が増えることからRV系や4WDタイプの車の需要が高くなります。

こうして需要が高くなれば、それに合わせて価格も上昇します。そのため、こうした時期に中古車をお得に購入することは難しくなります。

オープンカータイプの中古車なら秋や冬、ワンボックスカーやSUVなら冬や春、RV系や4WDなら夏場、というように各タイプに合わない季節に購入すれば、相場の下がった状態での中古車購入が可能となります。