日産エルグランドの買取査定で気にすべきポイント

日産エルグランド

日産自動車が1997年から販売しているエルグランドは、ワンボックス型のミニバンです。ボディには圧倒的な存在感があり、インテリアも細部までこだわって作られているため、日産のフラッグシップ車といわれています。エルグランドは全長が長く横幅も広いので、3列シートに人が乗っても広々と快適に過ごせます。

また、エンジンパワーも十分で、たくさんの人や荷物を乗せてもしっかり走ることができます。さらに、静粛性にも優れており、乗り心地もバツグン。新車販売価格は、300万円台~700万円台と様々なグレードが用意されているため、ファミリー層から富裕層まで幅広いユーザーに支持されています。

手頃な車を探しているという方はもちろん、高級な車に乗りたいという方にもおすすめです。

2002年には、フルモデルチェンジが行われ、2代目エルグランドが登場しました。2代目エルグランドは、後輪のサスペンションやブレーキが採用され、運転性能が向上。また、スライドドアから両側スライドドアになり、さらに乗りやすい車に進化しています。

そして、2010年には3代目エルグランドが登場。3代目エルグランドは、従来モデルよりも全長・全幅が拡大され、さらに広い室内空間が確保されました。また、全長・全幅の拡大によって、ボディの迫力や存在感もアップしました。と同時に、ミニバンクラスでトップレベルの低燃費を実現。より完成度が高まりました。

様々なグレードが用意されているエルグランドは、幅広いユーザーから支持を得ているため、中古市場でも需要があります。

日産エルグランドの買取相場

人気車種であるエルグランドは、中古市場でも需要が高く、低年式・高走行でも高値買取が期待できます。しかし、エルグランドは様々なグレードが存在し、オプションも豊富であるため、買取価格は一概にいくらということはできません。

そのため、あくまでも相場になりますが、10年落ちのベースグレードで約30万円、8年落ちのハイウェイスターであれば約90万円を超えることもあります。

また、特に人気が高いのはライダーで、5年落ち以上でも100万越えで下取りをしてもらえることも。 いずれ売却することを考えて購入するのであれば、ライダーシリーズの購入をおすすめします。

ライダーシリーズは、エルグランドだけでなくセレナなどにも存在するシリーズで、どの車種でも人気があります。

中古市場は、日々相場が変動します。買取価格は日に日に安くなっていくので、売りたいと思っているのであれば、なるべく早く査定を依頼しましょう。

気にすべきポイント

エルグランドを高く買取してほしいのであれば、気をつけなければならないのはやはり車両の状態です。これはエルグランドの買取だけに限った話ではありませんが、同じ車種・年式・走行距離でも車両の状態によって買取価格は大きく異なります。

査定前に洗車をしたり、室内を掃除したりするのはもちろんのこと、定期的にメンテナンスを行い、日頃から綺麗にしておくことが大切です。

また、査定前には、ニオイの確認もしておきましょう。普段乗っていると気がつかないものですが、車内のニオイが査定対象になることもあります。タバコやペットのニオイなど、査定に影響しそうなニオイは消臭剤を使うなどして取っておきましょう。

さらに、高く買取をしてほしいのであれば、いくつもの買取業者に査定を依頼するということも大切です。買取価格は、車の需要によって大きく異なりますし、業者によって必要としている車種は異なります。

エルグランドがたくさん売れている業者であれば、是非とも買取したいと思うもの。ですから、そういった業者の場合、高額査定がつきやすいのです。業者によって、査定額に10万円以上もの差が出ることもありますので、いくつもの業者に査定を依頼しましょう。