レクサスRXフルモデルチェンジに向け車を査定する

レクサスRX

レクサスRXは、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」から誕生した大型クロスオーバーSUVです。セダンのようでSUV。ふたつの車の特徴を兼ね揃えており、安定した走りからスポーティーでパワフルな走りまで、難なくこなしてくれる車種です。そんなレクサスRXが誕生したのは1998年。

アメリカで産声をあげたレクサスRXは、北米市場で爆発的な人気モデルとなりました。駆動方式はAWDとFF。設定はATのみ。レザーシート、本木目パネルが標準装備され、高級感溢れる室内となっています。そして2003年にフルモデルチェンジされて登場したのが2代目レクサス。

3.5Lエンジンが搭載され、これまた北米市場で大人気となりました。生産が追いつかないほどの人気であったため、当初はトヨタ自動車九州で生産されていたものが、カナダ・オンタリオ州ケンブリッジにあるTMM社でも生産開始されることに。2006年にはハイブリッド式も登場し、世界初の高級SUVハイブリッド車となりました。

そして、現在販売されているのが2009年に登場した3代目レクサスRX。ガソリンエンジンのRX350、ハイブリッドのRX450hの2ラインナップで、RX350にはエスティマ、ブレイド、ヴァンガード、マークXジオ、アルファード、ヴェルファイアなどのエンジンと同型のものが採用されました。

これは、世界60ヶ国で販売することを踏まえ、ガソリンに硫黄分の多い国でも安定して走れるようにするためであったそうです。なお、グレードは標準仕様のほか、「Version S」、「Version L」、「Version L・Air suspension」の計4展開。2012年には「RX450h・Fスポーツ」も登場し、人気を博しました。

レクサスRXの査定ポイント

レクサスRXの中古車相場は、176万円から598万円。年式やオプション、走行距離や車両状態などが買い取り価格に大きく影響します。まず、買い取り価格が安くなってしまうのは、2009年製、2010年製といった年式の古いものです。

当初のエンジンは3000ccのV型6気筒。後のレクサスRXでは3.3Lエンジン、3.5Lエンジンなどが登場するため、どうしてもそれらより価格が低くなってしまいます。走行距離が1万キロ以内であっても、買い取り価格は100万円台と低めです。

走行距離が買い取り価格に大きく影響しはじめるのは、RX330のモデルから。走行距離が少なければ200万円以上の買い取り価格は確実に期待できますが、10万キロ近く走っているものであれば、100万円台の買い取り相場に落ち込んでしまいます。

しかし、RX3500やRX450という人気グレードであれば、多少走行距離が長くても買い取り価格は上昇傾向。300万円近い買い取り価格も見込めます。

なお、高価買い取りが見込めるものとしては、最新式のRX450hFスポーツやRX450hバージョンLといったハイクラスのモデル。走行距離が2万キロ前後であれば、600万円近い高額査定に繋がることもあり、ます。パールホワイト、ブラックなどの人気色なら、より高価買い取りが期待できるでしょう。

オプションが充実していれば、更に買い取り価格はアップ。エアコン、パワーステアリング、パワーウィンドウ、バックモニターカメラ、本革シート、パワーシート、ETCなど、より多くのオプションが揃っていれば、査定評価は一段と高くなります。

また、年式の新しい2014年製、2015年製などの車両であれば、オプションやグレードを問わず、買い取り相場は高め。そこまでオプションの充実していないRX270でも、400万円近い買い取りが見込めます。走行距離が2万キロ以内と短ければ、より査定において有利です。

近々フルモデルチェンジが噂されているレクサスRX。高値で買い取ってもらうには、今が売り時です。需要の高い車種であることから、予想を超える高額査定が期待できるはずです。