カンタンにまとめると!

  • まずは数社、査定を受けてみる!
  • おおよその買取金額を知りたいならネットの一括見積が便利!
  • 各社の見積の差は、実際の交渉にも有利。

クルマ屋さんでの下取り金額を事前に調べることはできないか? そんなご要望をもたれている方も少なくないかもしれません。しかし、それに関しては厳密には「できません」とお答えすべきでしょう。

なぜなら、同じクルマ屋さんで400万円のミニバンと100万円のコンパクトカーを販売していたとします。利幅も違いますから、どちらを購入するかで、下取り金額で差が出ることは当然あるわけです。

ただ、下取り金額そのものではなく、自分の愛車が今どのくらいの(金額的)価値なのかを知る方法はあります。サービスを効率よく活用すれば、下取り金額の範囲も見えてくる可能性があります。ぜひ愛車の現在の価値を調べてみましょう。

2〜3カ所程度、無料査定を受けてみる

今は街にもたくさん「車買取」を掲げるお店があるものです。こういったお店では愛車の買取査定を無料でしてくれます。これを数社受けると自分の車のおおよその価値がわかります。もちろんお目当ての車を販売しているお店でも、本腰を入れて商談する前に「下取りをしていただくとするといくらほどになりますか?」という相談をするとおそらく査定して算出してくれるでしょうから、これも是非受けていただきたいです。

なぜ数社なのかというと、プロでもない限り、なかなか分かりにくいものだからです。車の査定は本来、最近の取引相場と照らし合わせ、現在〜未来(すなわち参考にしている相場よりも十中八九下落するに違いない相場の中で)に現金化して赤字にならない金額を算出します。もともと定価などない中であまり相場ぎりぎりの数字を算出すれば自分たちも赤字を抱えることになりかねません。ユーザーにとってもその場で決めなければならない金額だけでは判断に困る場合もあるでしょう。そういった観点から「この金額ならば買取店も赤字にはならない範囲で買取りができます」という金額を教えてくれることでしょう。しかし買取店に売却するにしても「ただ、近々売却いただけるのでしたらもう少し高く買い取ります」というのはどこでも言われるはずです。

 

さて、「金額」を算出する上で実は重要なのがこの「いつ売却するか」ということです。「実際に売却するのであれば」でより好条件が出るというのは、実は下取りでの条件交渉とも似たところがあります。車の買取査定はこうした不確定な要素の上で行われるものなので、一社の情報だけで判断というのは難しいと思います。ですから時間のあるときにお店に行って査定してもらうと参考になるのではないでしょうか(これは下取り金額にやや不満があるときには、買取店に売却する方法もできると言う点でもメリットがあります)。

出張査定も可能ですが、コストをかけて客先を訪問する出張査定は、より具体的に「買取ります」というスタンスで皆さんのもとを訪れます。まずは相場が知りたいという場合は少し手間がかかってもお店で査定してもらったほうがよいでしょう。

複数社からの一括見積もりってどうなの?

複数の会社の買取りを提示してもらうならネットが便利でしょう。何より車で回る手間が省けます。複数に見積もりをした方が良い理由は、車種・走行距離・年式が主な査定内容とはいえ、車には需給バランスによる買取価格の変動といった要素もあるので、買取会社によってやや値段が違ってくるものだからです。

ナビクルなら4項目の質問事項を記入するだけで、最大10社から見積もりを取ることができます。大手の買取業者による査定なので、あまりに低い価格を提示される心配もありません。

まず実際に車を持って行った場合の査定と、ネットでの査定を比べてみましょう。ネットの査定より極端に低い場合は、2つの理由が考えられます。1つは持ち込んだ店が悪いケース、もう一つは自分の車に何かしらの欠陥があるケースです。実際に車を持ち込んだときに、自社のマイナスポイントを指摘されたら下取りにおいても影響があると考えた方がよいでしょう。

さて、実際に車を持ち込んだ場合とネットでの査定を比較したときに大きな差がなければ、自分の車の買取り額がほぼ確定したことになります。ただ、そもそもの狙いであった下取り価格が判明したわけではありません。

一般的に買取価格は下取り価格より高くなりがちです。買取専門店は車を現金化するための流通販路を確保していることが、その要因の1つといえるでしょう。つまり買取価格からいくらか差し引いたのが、下取り価格となります。その差がどれぐらいになるのかは、車種によって変わってくるので確定的なことは言えません。


ただ重要なことは、その差額こそ交渉の材料に使えることです。自動車販売店に下取り価格の増額を要求しても飲まないケースも多いかもしれません。しかし買取価格を交渉の軸に据えて、オプションなどを増やすよう交渉することはできるでしょう。もちろん下取り価格が信じられないほど低い販売会社の場合は、取引をお断りする方が無難かもしれません。

下取り価格は販売会社が提示するまではわかりません。ただし買取価格の相場を知り、販売会社と話し合うことは非常に大切なことといえるでしょう。

まとめ

・下取り金額は商談の中で決まるので、下取り金額そのものを事前に調べることは難しい。
・愛車の価値を買取店の無料査定などを利用して調べることは可能。
・数社で査定してもらうと、プロではなくてもおおよその愛車の価値がわかる。

 

ライタープロフィール

中込健太郎(なかごみけんたろう)

大手自動車買取販売会社にて、クルマの売買業務を経た後、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事。その他に、企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなども担当。その後フリーランスライターに転向し現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。NAVI CARS他で執筆中。また「クラシックカー美女」テキストも担当している。温泉ソムリエ、二級小型船舶操縦免許所持。