カンタンにまとめると!

  • 他社メーカーでも、買取はしてもらえる。
  • 他社メーカーだからという理由で不利になることはない。
  • 場合によっては、下取り強化の対策金が出ることも!

他社メーカー車は買取してもらえる?

車を購入する場合、必ずしも同じメーカーでの乗り換えばかりではないかもしれません。そうした場合下取りをしてもらえるのか?という疑問をもたれるのは当然だと思います。

答えは、「してもらえます」。

下取りは一般的に「次の車を購入していただけるのでしたら」という販売商談の一部として条件が提示され、納車の際入れ替えで引き取ってくれるという取引形態であり、内容としては買取店に売却するのと何ら変わりはないのです。自社(自店)で下取り入庫した車を直接販売する場合もあるでしょうが、基本的には買取店同様、業者間オークションに出品し現金化するルートはたいていのクルマ屋さん、メーカー系のディーラーでも確保しています。

ですから、他社メーカーの車だから下取りしないということはなく、むしろ「そういう車も積極的に下取りして、従来の顧客層以外にも売り込んでいく」というスタンスが一般的でしょう(特殊な例としては、系列の会社で販売している高級クルーザーの下取りに高級輸入スポーツカーを引き取られた販売店さんが店頭に展示販売していたケースもありました。他社メーカーどころかすでに「異種」ですね)。

条件的に不利になる?

では、他社メーカーの下取りに出した場合、条件的に著しく不利になるのではないかという不安を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

これに対しての答えは「優遇されることはないが、他社メーカーの車だからという理由で不利になるということはない」です。

極端にリスクの高い車でも引き取ってはもらえますし、最近では「買取専門店に売却されてはいかがでしょうか?」という提案をされることもあるようです。自社で扱うのは金額的にも車種としてもリスクが大きいと判断した場合は、日頃から付き合いのある買取店などを紹介しているのかもしれません。ですのでどのような場合でも、下取りの相談はしてみると良いでしょう。

新車の場合、かえって「対策金」が出る場合も

実は、(新車購入時などは特に)他社メーカーの車を下取りに出すメリットがある場合もあります。車種によりますが、メーカーから「○○からの乗り換え対策強化」と銘打って車種限定で下取り強化の対策金が出る場合も少なくないそうです。これはライバルメーカーのライバル車種からの乗り換えを促すことで、自社の売上シェアを伸ばすことができるのを見据えてのことです。非常に挑発的な施策ではありますが、購入検討中の人からすれば非常に心強いサポートに違いありません。もちろん自社の車の既存ユーザーを囲い込むための値引きの上乗せ枠の設定も同様に行われています。こういった事情を見ても、下取りは「商談を進める上での条件提示、値引きの一部」という面を強く感じることができるのではないでしょうか。

 

いずれにしても愛車を買い替える際、はじめから「買取店に売却する方が高値で売れる」とか「下取りで条件を引き出した方が得策」とどちらかに決めてかかるのではなく、いろいろ足を運んで情報収集し、トータルでお得、満足度の高い乗り換えができる方法を模索することが大切です。とくにこれだけ情報があふれる世の中です。細かいノウハウや乗り換えサポートプログラムも用意されていますし、「買取専門店」にお目当ての車があって購入できる場合もあります。ですから、かたくなにならずにアンテナを張り巡らせておいても損はないでしょう。

まとめ

・他社メーカーの車でも下取りしてもらえる
・他社メーカーの車を下取りに出したからといって著しく条件が不利になることはない。
・他社からの乗り換え促進の対策金をプラスしてくれる場合もあるので、はじめから決めつけずにお店に足を運んでみること


ライタープロフィール

中込健太郎(なかごみけんたろう)

大手自動車買取販売会社にて、クルマの売買業務を経た後、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し、その後大型展示場のオープン準備から、展示在庫の目視選定業務に従事。その他に、企業Facebookページでの在庫車に関する紹介や、クルマで出かける旅行コンテンツなども担当。その後フリーランスライターに転向し現在に至る。クルマの売り買いの経験から、ドライブを通じてクルマの魅力楽しさを紹介することをライフワークとしている。NAVI CARS他で執筆中。また「クラシックカー美女」テキストも担当している。温泉ソムリエ、二級小型船舶操縦免許所持。