中古車の下取り相場と賢い売り方

中古車の下取り相場は、上がったり下がったりと常に変動を繰り返しています。変動する相場価格に合わせて下取りを行うことで、賢く車を売却することができます。

下取りとは?

車の売却が初めての方の中には、「下取り」がどのようなものなのかがわからないという方もいるのではないでしょうか。そんな方々に向けて、下取りとはどのようなものなのかについて簡単にご紹介いたします。

下取りとは、新しい車を買うお店で今まで乗っていた車を引き取ってもらうことです。そのため、下取りの場合は車を売ってお金を手に入れるというより、次の車の購入資金に充てるという意味合いが強くなります。

下取りと買取の違い

日々変動する下取り相場をふまえた上で、相場価格が変動するタイミングを見極めると賢く下取りを行ってもらうことができます。

そこで、皆様が賢く下取りを進められるように、下取り相場が変動する2つのタイミングについてご紹介いたします。

1.モデルチェンジに注意!

中古車の下取り相場は、同じ車種のモデルチェンジによって大きく変動します。モデルチェンジのタイミングで新車への需要が高まり、多くの方が新車への買い換えを行います。そのため、旧車は中古車市場で供給過多となり、価格が急激に下がることになります。

型落ちが進めば進むほど、価格はどんどんと下がっていきます。そのため、メーカーのプレスリリースや雑誌、WEBなどで情報を仕入れて新車が発売される前に下取りを行うのが賢い方法だといえるでしょう。

2.季節によって変動する下取り相場

下取り相場は季節によっても変動します。例えば、雪の多い地域では冬場に4WDなど馬力の強い車の需要が高まり、一時的に価格が上がります。夏場はオープンカーの値段が上がるなど、季節によって車の需要は変動します。

だからこそ、賢く下取りを行うには自分の車の価値が一番高くなる季節をしっかりと把握することが大切です。

査定額アップのためにできること

最終的な車の査定額は、下取り相場から車の走行距離やダメージ分を減額して計算されます。この減額を少しでも抑えるためには、ボディやタイヤ、車内の清掃を行うことが大切です。車を綺麗にしてから査定を行うことで査定時の印象は確実にアップします。

また、取り扱い説明書・保証書・整備点検記録簿など、購入時の付属品が揃っているかどうかも査定に関わってきます。査定前にしっかりと全てが揃っているかを確認しておきましょう。

このように、細かい部分にも注意することで、減額を抑えて賢く車の下取りを進めることができます。