トヨタ アルファード 2015年モデル

現在の買取相場価格 149.0万円

アルファードにお乗りの方で、そろそろ買い替えを検討している場合、やはり一番気になるのは、今乗っている愛車にはどのくらいの価値があり、いくらで売れるのかということでしょう。

2002年に発売された初代アルファード(H10系)は、先行して販売され好評を博していた日産エルグランドに対抗するため、トヨタが満を持して世に送り出した、大型の高級ミニバンです。

日本人の趣向を意識した豪華さを兼ね備えた内装と、トヨタ車らしい信頼性を武器に瞬く間に人気車種となり、15年以上前に発売された初代アルファードでさえ高い人気を誇り、リセールバリューの高い値崩れしづらい車種とされています。

そのため、どの年式のどのグレードにおいても、他車種に比べ相応にして高い査定額が期待できます。

アルファードは、やはり内装が豪華なグレードに人気があり、中でも乗車定員を4名とした「ロイヤルラウンジLE」という超高級グレードで、ハイブリットモデルともなれば、500万円を超える高額査定が出ることもあります。

反対に、10年以上が経過し、走行距離も10万kmを超えているような、一般的なディーラーの下取りでは殆ど値が付かないような状態であっても、この記事で紹介する方法や、ポイントを押さえるだけで25万円もの値が付いたという実例があります。

この記事では、いまお乗りのアルファードの相場情報とともに、アルファードの一番高い査定額を引き出すために必要なすべての情報をまとめてご紹介していきます。

1あなたの乗っているアルファードの査定額を調べてみよう

まずは、あなたがいま乗っているアルファードの相場を知っておくことで、不当な安値で買いたたかれることを防ぐことができます。

中古車というのは、「一物一価」と言われ、一度所有者が付いて使用されると、例え同じ年式、同じ走行距離のアルファードでも、全く同じ価値(価格)にはなりません。

また、一般の方が中古車の販売価格を知ることは容易でも、買取価格の相場を知っていることがほとんど無いため、悲しいかな、中には不当とも言えるほどの安値で買取を行っている業者が存在するのも事実です。

このように、中古車というのは「値段が有って無いようなもの」ですので、年式が新しく、上級グレードであればあるほど高く売れて当然ですが、例え年式が古くとも高値が付く場合があります。

では、一見すると高額な査定額が付きづらそうな年式の場合、実際にはどの程度の査定額が期待できるのでしょうか。

1-1アルファードの240G 7人乗は高く売れる傾向あり

例えば、今から6年前となる、平成23年式(2011年11月以降)のH20系と呼ばれる2代目アルファードを見てみると、新車の販売価格(当時)、2WDの240G(7人乗り)は378万円でした。

では、240G(7人乗り)で2017年5月現在の査定相場はいくらなのかと言うと、2011年式、走行距離60,000km(1年1km計算)という条件で200万円を超える価格となっていますので、他車種に比べるとかなり高額な査定額が付いています。

また、エンジンが2.4Lと3.5Lがある2代目アルファードで比較すると、意外に思われるかもしれませんが、ハイブリットモデルを除けば2.4Lモデルの方が高い査定額が付いている傾向にあります。

1-2やはりアルファードのハイブリットモデルは1番人気

同じ2011年式60,000km走行した車両でも、やはりハイブリットモデルには根強い人気があり、247万円という高額査定が出ています。

上記の2.4Lモデルと言い、ハイブリットと言い、やはり低燃費やエコを意識したモデルに人気が集まっているということが分かります。

1-3アルファードの350G 8人乗りでも120万円で売れる

年式が古く、人気グレードでもハイブリットでもないというアルファードにお乗りの方でも、諦める必要はありません。

通常10年落ち、10万km走行した車両となると、車種によっては値が付かないと言われる可能性があるものですが、2008年式350G 8人乗りで、例え10万km走行した車両でも、120万円という査定実績があります。

2008年式と言えば、初代アルファードから2代目アルファードにフルモデルチェンジされた直後の年式で、10年落ちのモデルになりますが、この査定額を見れば、いかにアルファードが値落ちしづらいかということがお分かりいただけるでしょう。

1-4中古車相場は日々変化していくことに注意

このように、アルファードは年式が古くとも、状態によっては他の車種よりも高値で買取ってもらえることが多く見られますが、注意していただきたいポイントとして、常に中古車相場は日々変化しているということを忘れてはいけません。

車は使用されることが前提の工業製品であるため、ごく一部の限られた車種を除き、時間の経過とともに価値は失われていきます。

また、査定額が落ちやすいタイミングもいくつかあり、最も分かりやすいタイミングとして、車検が絡む3年目または5年目の年で、車検間近の月になると、いったん査定相場は下がる傾向にあります。

このように、今あなたのアルファードにはいくらの価値があり、車検や、新しい車の購入予算などを考慮に入れた上で、もっとも高い価格で売れる時期を見極めることが大切です。

下記フォームにチャックを入れて検索すると、あなたのアルファードの査定相場を、今現在、過去、未来と見ることができますので、是非参考にしてみて下さい。

年式
グレード
新車購入年月
走行距離 ,000km

「過去」「現在」「未来」の買取・下取り相場推移

愛車の最高額を今すぐチェック!

メーカー
トヨタ
車種
アルファード
グレード
240S プライムセレクションII タイプゴールド 7人乗(2010年 9月)
型式
DBA-ANH20W-PFXSK(G)
新車購入年月
2010年 9月
経過年月
7年
現在走行距離
8.0万km

※2017年08月16日更新

過去 現在 未来
2017年2月
6ヶ月前
2017年4月
4ヶ月前
2017年6月
2ヶ月前
2017年8月
2017年10月
2ヶ月後
2017年12月
4ヶ月後
2018年2月
6ヶ月後
買取相場
(前月比)
162.0万円
-4.4万円
157.7万円
-4.3万円
153.4万円
-4.3万円
149.0万円
2ヶ月前から4.4万円下がっています。
144.8万円
-4.2万円
150.9万円
6.1万円
146.6万円
-4.3万円
下取り相場 143.1万円
138.8万円
134.4万円
130.1万円
買取の方が18.9万円お得です。
125.8万円
132.0万円
127.7万円

※過去・現在の買取相場は、中古車売買履歴に基いて統計分析し、算出しております。
※未来の買取相場は、この車を乗り続けた場合の、トヨタ、ミニバンの過去の相場情報に基づいて統計分析しております。
※下取り相場は、加修前の現状有姿車両を中心とした売買データに基いて統計分析し、算出しております。
※本サイトに掲載しております買取相場・下取り相場は、統計分析した値であり、買取価格・下取り価格を保証するものではありません。

車の価値は時間の経過とともに下がっていくという観点で、買取相場データを見てみると、1か月でおよそ2.5万円~3万円程度査定相場が下がっていくことが分かります。

したがって、半年の時間差を置くだけで15万円~18万円もの差がついてしまう可能性があり、これから半年以内に乗り換えや売却を考えている方であれば、できるだけ早く売却した方が、よりお得に売却できる可能性が高いと言えます。

2アルファードを売るための3つの方法

車の売却方法というのは大きく分けて3つあり、以下で紹介する3つの方法のうち、「どこに売るか」ということが、もっとも査定額に影響を及ぼすことになります。

  • ディーラーへの下取り
  • 新車ディーラーや中古車販売店などで、新しい車を購入する代金を、いま乗っている車の価値で一部相殺するという方法

  • 買取店への売却
  • 中古車買取専門店などで査定してもらい、査定額に納得すれば売却し、現金に換える

  • 一括査定
  • 一括査定サイトで基本情報などを入力し、一括で複数の買取業者に買取査定を申し込む

どの方法にもメリットとデメリットがありますが、相見積もりを入手して最も高い業者に売却できるという点では、一括査定が一番高く売れる可能性が高い方法です。

2-1最も高い査定額を引き出せる「一括査定」のメリット

下取りと、一括査定を利用した買取では、一括査定を利用した買取の方が高く売れる傾向があります。

ではなぜ下取りが買取に比べて安くなってしまうのかというと、下取りはあくまで新たな車を購入してもらうことが前提にあり、下取りした車で利益を得ることは想定していません。

また、すでに購入の意思を示している顧客が相手であるため、下取り価格のみで考えた場合に競合する相手がおらず、新車の購入代金の総額でアピールするだけで良いため、あまり下取りについては重視されていないのです。

そして、買取業者1社のみに買取りをお願いした場合も、買取る側はプロであり商売ですので、できるだけ安く買取り、大きな利益を生もうとします。

そこで、一括査定を利用すれば、複数の買取業者に競わせる、つまり、「プロ同士で競わせる」ことで、もっとも高い査定額を出してもらえる可能性が高く、あなたはただ出された査定見積もりを見比べるだけでいいのです。

それではここで、一括査定を利用するメリットについて具体的にご紹介しておきましょう。

  • 最も高く売れる可能性が高い
  • 複数の業者から相見積もりを取り、業者同士を競わせることで、高価買取に繋がる可能性が高くなります。

  • 車両情報など面倒な入力が一度で済む
  • 何度も同じような情報を入力するのは少々面倒ですが、一括査定サイトに1度入力するだけで複数の買取業者に査定申し込みができます。

  • 入力された情報を元に、業者の方から手を上げてくれる
  • 一括査定から申し込まれたということは、当然業者側も分かっていますので、入力された情報を元に「ぜひ買いたい」「うちなら高く変える」という業者自ら手を上げてくる可能性が高いのです。

2-2 知っておきたい一括査定のデメリット

もっとお高く売れる可能性の高い一括査定ですが、もちろんデメリットもあり、そのデメリットをしっかり理解しておくことが、納得した売却に繋げるためには大切なポイントです。

下記より一括査定のデメリットについてご紹介していきます。

  • 複数の買取業者からメールや電話などが頻繁に来る
  • 業者側としてみればできるだけ早くコンタクトを取り、実際の査定につなげたいため、査定申し込みをしたのち、遅くと数分以内から立て続けに複数の業者から、メールや電話での連絡が来ることになります。

  • 多くの業者に依頼すると日程調整に手間がかかる
  • 1社でも多く査定をしてもらった方が、より高い査定額を引き出せる可能性は高くなりますが、多くなればなるほど日程や時間などのちょうせいが難しくなってしまいます。

  • 中には強引なやり方で売却を迫ってくる業者もいる
  • よく言えば仕事熱心ということなのかもしれませんが、業者の中には売却を決めるまで、何時間も居座るような業者もいるようですが、きっぱりと意思を伝えるようにしましょう。

このようにデメリットを上げると「面倒くさそうだな」「初めてだと不安」などと思ってしまう方もいるかもしれませんが、ここで大切なことは、査定を申し込んだからと言って必ずしも売却する必要は無いということです。

多少の手間はかかりますが、下取りに比べ20万円以上の価格差が出ることもありますので、是非挑戦してみることをオススメします。

下記フォームより、簡単に一括査定に申し込むことができます。

愛車の最高額を今すぐチェック!

3アルファードの査定額を引き上げたい!査定額を上げるポイントを解説

ここまでお話ししてきたように、どの方法を選択し「どこに売るか」が最大のポイントであり、プロの査定業者同士を競わせることのできる一括査定がもっとも高く売れる可能性が高い方法と言えます。

そして、いくつかのポイント押さえておくことで、さらに査定額を引き上げることができますので、以下よりその査定額を引き上げるポイントについてご紹介していきましょう。

3-1高く売れる時期に売る

中古車の相場というのは日々変動しているということはすでに述べてきましたが、まず一般的に買取額が高くなる時期というのがあり、それは、決算期にあたる3月や9月とその1か月前にあたる2月や8月です。

この時期というのは、販売会社が決算に向けて販売を強化するため、購入台数が増え、その分販売するための在庫を確保するため買取が強化されます。

さらに、アルファードなどの大型ミニバンは、家族が増える、転勤になるなど、生活環境の変化によって需要が大きく伸びる車種であるため、決算期前の買取額は高くなる傾向にあると言えます。

3-2純正社外問わず、ナビなどはそのままにしておく

買ったばかりで、お気に入りのカーナビであれば売却する際に外してしまった方が良いかもしれませんが、買ってから数年経過した社外ナビや、新車購入時に付けた純正オプションのナビなどは、そのままにして売却した方が高く売れる可能性があります。

理由は単純なのですが、アルファードなどの大型ミニバンを買う人は、単純に大人数の移動が多く、必要に迫られている人か、大きな車内に快適性を求めている人が多いのです。

つまり、そこそこ性能の良い社外ナビや、信頼性の高い純正オプションナビなどが付いていると、売るときに大きなセールスポイントと成り得るため、プラス査定をしてもらえる可能性があります。

ただし、特に社外品のナビをプラス評価してくれるのは買取専門店だけと言えますので、下取りの場合はあまり大きな期待は持てません。

3-3車内は綺麗にしておく

これは、普段から気を付けておくべきことですが、車内は日ごろから掃除を行い、綺麗な状態を保っておきましょう。

アルファードの魅力は、高級セダン顔負けの高級感あふれる内装と、大人8人がゆったり移動することができるキャビンです。

したがって、純粋なファミリー層以外にも、少しお金に余裕のある方や、社有車などという需要も十分に見込める車種です。

そういった高級感を求めている方などは、少しでも綺麗な車を求めており、特に匂いなどにはとても敏感ですので、買取店側も車内が綺麗で、たばこやペットの匂いのしない車両に対して、高額な査定を付ける傾向にあります。

3-4メンテナンスノートは取っておく

一般的に、「整備点検記録簿」いわゆるメンテナンスノートをきちんと保管しておくことが高額査定の条件という情報を目にすることもあると思います。

そもそも、メンテナンスノートとは、人間で言えば履歴書や、医療カルテのようなものですので、その車がどれだけしっかりメンテナンスを行っているかを記録し、証明してくれるものです。

特に、大型ミニバンであるアルファードで一番懸念されるのが、ハイブリットや2.4Lモデルが人気であるように、重たい車重が影響する燃費ですので、どれだけきちんとオイル交換を行っているかが、今後の燃費に大きく関わります。

そのため日ごろから定期的なオイル交換などの消耗品の交換や、きちんとメンテナンスノートを保管しておくことで、高額査定に繋がりやすくなるのです。

4まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます。

この記事では、アルファードの買取相場から、少しでも高く売るための秘訣までお話ししてきました。

アルファードは、2002年の初代(H10系)が登場して以来、常に人気車車種であり、トヨタ車としての信頼性も相まって、なかなか値崩れを起こしにくい車種として有名です。

しかし、大切な愛車を手放すのであれば、例え値崩れしないアルファードといえども、少しでも高く売りたいと思うことは自然なことだと思います。

そこで、一括査定を上手に利用し、業者同士を競わせたうえで、本当にあなたのアルファードを欲しいと思っている業者に売ることが大切なのです。

もちろん複数の業者で行う査定には、多少の手間はかかりますが、その分の見返りは非常に大きなものになる可能性が高いと言えますので、少しでも利用してみようかなと思っているかたは、下記入力フォームから一括査定に申し込むことが可能です。

このサイトを参考に、是非納得した売却になるよう挑戦してみてはいかがでしょうか。